<   2013年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

文房具大好き。

最近(といっても、1か月ほど前ですが)、近所に新しく本屋さんができました。
気になりながら、ようやく行ってみたら・・・。

文房具、雑貨、本。
色々置いてあって、しかも文房具と雑貨が15%値引き。
今まで、文房具の品揃えのあるところに行くには
ちょっとした遠出になっていたので
こんなに近くて手に入るなんて・・・と
嬉しくなりました。

最近は、"美文字"というのが、流行りのひとつなのですね。
きれいな文字を書くための文房具がそろっていました。
こういうものは大抵、1月終わりの、年賀状や寒中見舞いが届く頃に
コマーシャルや文房具店で扱われるのですが
珍しく感じました。

文通相手に使うだろう、便箋と封筒。
新しいタイプの筆ペン。
本当に、見飽きないこと。
お小遣いや置き場所と相談して、よ~く選ばないといけませんね。

ひとつ、必要なものがあったので、お会計をしたら
おつりと一緒に、お店の大事な商品券入れを一緒に渡されました。
気づかずに帰宅したら、総額でいくら受け取ったことになっていたんでしょう。
店員さんと一緒に、冷や汗をかいてしまいました。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-27 21:57 | お買い物

少しは丸くなった・・・?

今日は、朝ほとんど雨が降らず
ゴミ出しが終わった直後の朝7時半からお昼過ぎまで土砂降りでした。

台風が通り過ぎて青空が見え始めたところで、本屋さんへ。
自己啓発関係の棚を眺めていて、以前と比べて違和感が。

何だか変わったなぁ・・・どこが変わったんだろう?

以前の私。
"これをする。"
"これを勉強する。"
"この資格を取る。"
そう思ったものは、私の心の中にロックされて
ほぼ全てモノにしてきました。
まるで追跡ミサイル。
書いていて、怖えぇぇぇぇぇ~!

強く意識すること、と本に書いてあったりしますが
私の場合は、半ば強迫観念に近いものでした。
意識したものに向かっている間は
自分の身を削っているような気分がしていました。
自分の中にある何かを削って、いけにえのようにどこかへ差し出し
息を詰め、向かっていく。
よく30歳まで体がもったと思います。

この数年で、そういう意識が減りました。
特に、ここ5年位。
目指すけれど、そこまで強く意識せず
出来ればいいなぁ・・・と思っていたら
形になっていた、という感じです。
特に、かぎ針編み講師は、そういう意識で取り組んでいました。

これから棒針編みを基礎から見直ししますが
やっぱり、出来ればいいなぁ・・・出来たら素敵だなぁ・・・と
思っています。

少しは丸くなった・・・?かな?
でも、彼から見ると、余り変わらないように見えるみたいです(苦笑)


【追記】
以前の私の姿って、何かすご~~~~~く恥ずかしいんですけど・・・。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-16 20:12 | 雑記

編物が好きなワケ。

今日も、編物本を買いました。
c0252717_1601173.jpg

広瀬光治
美しい模様の棒針ニット

今年2月に、広瀬さんにお会いした時
"私は、編物の入門として提案するよりも
少し難しいと思われるかも知れないけれど、デザイン性の高い物を提案したい。
そんなデザインを提案する本を、秋に出す予定です。"
そうおっしゃっていました。

開いてみましたが、今まで広瀬さんが出された作品の中では
編みやすそうな気がします。

広瀬作品を編もうとして、でも中々進まなくて
3段編んでは2段ほどくような
自分の技術面のいたらなさに悔しくて
寝ている間に、自分の右手の甲をバリバリに引っ掻いたこともありました(苦笑)

今回の本では、そういうことは"多分"なさそうです。
編んでみないと分からない部分がありますので。

手の甲を無意識に引っ掻くほど悔しいことがあっても
編物は好きです。

間違えても、ほどいてやり直しが出来る、ということが
大きいと思います。

縫い物で、裁ち位置を間違えたら、繕うのは難しいですが
編物で、切る所を間違えても、結び直せばいいのです。

私の体は、無理がたたって、お薬が必要になりました。
もしかしたら、1種類は一生飲み続ける必要があるかもしれませんね、と、主治医から言われました。
そんな自分の体と、重ね合わせているのかも知れません。

同じ糸でも、間違えた所をほどいて
前に編んだ時の癖がついていても
編み直したら、素敵な物になる。

同じ体でも、暮らし方や考え方を変えたら、素敵な日々を送れる。

自分も、毛糸のように、素敵な日々を送りたい。

毛糸自体に、癖があって扱いに注意しなければならなくても
それは糸の個性。
個性に合った物が出来上がれば
糸も私も嬉しいです。

c0252717_1657630.jpg

30年物のモヘア糸も、ただ今オーバースカートの飾りになるべく、活躍中。

虫食いのないように管理さえしておけば
40年物のウールでも、全く問題なく暖かいマフラーになってくれます。

そうして集まった毛糸は、段ボール7箱になっていました!
双方の実家からもらった5箱から始まって、仙台に来るまでずっと同じ箱数だったのですが
減るどころか、増えていました。
あ~らら。

毛糸は腐りませんから、のんびりやります。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-13 15:58 | 編物・縫い物

まだギリギリアイスコーヒー。

c0252717_8524933.jpg

朝晩は、随分涼しくなりました。
寝るとき、浴衣に博多帯と毛布1枚が丁度いい位です。

朝から彼のお弁当や、お夕飯の仕込みで揚げ物をしたので
換気扇を回しても、揚がった物も、私の体も熱々。
アイスコーヒーを飲みたくなりました。
気候を考えると、アイスコーヒーを飲むのは、ギリギリでしょうか。

偶然、定価よりも安く手に入ったタリーズのアニバーサリーブレンド。
仙台市内の自家焙煎のお豆よりも安くて、ラッキー♪

今日は、南部鉄器の鉄瓶から、直接ペーパードリップで淹れましたが
店頭で試飲させてもらったときとほぼ同じ、苦味と後味の甘味が程よく感じられるように出来ました。

こういう時って、嬉しいですね。
お気に入りのさわとんマグカップに、なみなみと。

先日のイベントで買ってきた、ヘアピンレース編み器。
使い方のコツを忘れないうちに、極細モヘア糸の2本どりでやってみようと思います。
今編み途中のオーバースカートの、ウエスト部分に合いそう♪
[PR]
by bo-sun | 2013-09-12 09:08 | その他家事

こめかみウォーマー?

昨日のことは、もやもや解消。
クロバーさんにお電話でリクエストさせていただいて
次回からのイベントで商品紹介を検討いただけるようになりました。
とはいえ、クロバーさんの商品は本当に沢山あるので、実現可能か分かりませんが。
(その後、各所にご迷惑をおかけしてしまって、本当にすみません)

午前中、歯医者さんで奥歯を処置してもらって、また左あごが腫れるし痛いし。
子供が宿題をする横で、傷みをまぎらわせるためにも、手をちまちま動かしていました。

今日は、花あみルーム♪
ちょっと大きめサイズで、モヘア糸の2本どり。
出来上がりは、イベント中で作ったものとはまた違った雰囲気で
もしも八重のガーベラがあったらこんな感じ、という物が出来上がりました。
髪留めに良さそうだなぁ。

眼鏡につけてみたら、ちょうどこめかみが暖かい♪
目疲れに良さそう~。
こめかみウォーマーって言ってもいいかも。
すると、子供に大受け。
"おかん、私、息出来ない~。"
失礼なっ。

明日は、外出する用事があるから
待ち時間にまた使おうかなぁ。
それとも、同じモヘア糸を、ヘアピンレースで使ってみようかなぁ。


今手掛けている、カウチンのオーバースカートが、そっちのけになりそうです(笑)
あ、ヘアピンレースで作ったものを、カウチンのエッジングに使えばいいかぁ♪
ふふふ~。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-11 22:59 | 編物・縫い物

意図は何だろう?

c0252717_17122244.jpg


午前中
"てづくりバイキング in 仙台"
というイベントに参加して来ました。

伊達手芸隊という、手芸作家さん(クリエイター)方が講師
手芸用品メーカーのクロバーさんが全面バックアップ。

ニットカフェを開きたい方へ、という紹介があったので
他の参加者さんは、きっと腕に覚えのある方だろうなぁ…と
ビビりまくりで会場へ。

手芸用品店で
"興味はあるけれど、使い方が分からないから買えないなぁ…"
という物(ヘアピンレース編み器)
"NHKのすてきにハンドメイドで紹介されて使ったけれど、その後使いこなせないなぁ…"
という物(ダブルフックアフガン針)

そういった物を使ったイベントだったので、この機会に教わりたいと、勇気を出して。

会場内は少人数で、赤ちゃん連れの方もいらっしゃるし
講師とは顔見知りという方もいらっしゃるようだったので
アットホームな雰囲気に心底ほっとしました。

本当は、午後3時半までのイベントだったのですが
今日はどうしても編物の先生にお会いして、渡す必要のある物があったので
無理をお願いして、ギリギリの午後1時でおいとまさせていただきました。

ヘアピンレース編み器は、編み始めにコツが要るけれど
後はこまあみだけ。
そのコツが、実際に知っている方から聞かないと分からないんです。
やさしく教えていただけたので、始め少し手間取りましたが
初めて器具を扱った割にはすぐに分かるようになりました。
エッジング(ふち飾り)などに使えそう。
今日はストラップを作りましたが
丁度これから、編んだものやその編み地のアップを
カメラで撮っておきたいと思っていたところだったのでので
カメラのモチーフをストラップに使いました。

ダブルフックアフガンは、コップカバー。
以前編んだものは、平面だったので
ぐるぐる編んでいく時の目の拾い方
縦糸と横の拾い糸の引き加減のコツ
アフガン針に合った糸の選び方
毛糸って、タグにかぎ針と棒針の号数の目安が書いてありますが、アフガン針の目安が書いてないんです。
針は持っているものの、どの糸を使えばいいのか分からなかったので、助かりました。

これはいい!と思ったのは、花あみルーム。
このお道具は、お花のモチーフが簡単に作れます。
子供が喜びそうだなぁ…と思って
ブローチを作って帰宅したら
やっぱり子供がすぐにブローチを付けました。

写真をとったり、他の方とお話をする余裕もなく
主催の方とクロバーの方にご挨拶して
後ろ髪ひかれる思いで、バタバタと会場をあとにして
移動の車の中でおむすびを食べて
編物の先生とお会いしたのですが。


もやもや~。
クロバーさんの意図は何だろう?

イベントのアンケートで
"これからしたいこと"
を尋ねられましたが、考え中と答えました。
これから棒針編みを基礎からやり直そうとしているところで、他の方に対して、どんな行動が出来るか分からないし
家庭内オートクチュールが出来るようになることが今の目的。
今の私には、アンケート作製者さんが望むような答えは出来ません。

ただ、仙台には、小学校単位で"社会学級"という組織があって
学区内の大人は誰でも参加出来ます。
社会学級の運営者向けに、こういうイベントがあったら、良さそうに感じました。

仙台営業所ならではのイベント企画があっても良さそうなんですが。
クロバーさんが、営業の機会損失をしているようで勿体ないと、思ってしまいました。

そして、今日はかぎ針感たっぷり。
確かにニットカフェで棒針編みは難しいです。
でも、ニッター(編物好き)は、棒針編みに移行中。
ねじれがあるけれど、商品紹介コーナーに棒針を置くだけでも、悪くないんだけど。
クロバーさんの取り替え可能な輪針セット、ニッターの間ではとても評価が高くて人気なのですが
残念ながら、仙台の手芸用品店ではお取り寄せで、実物を手に取って見られないのです。

こんなイベントで見せてもらえれば、いいお値段でも買いたくなりそう。
実際、編物の先生や他の方とでは、輪針セットの話題で結構盛り上がりました。
これまた、機会損失な…。


イベント自体は、楽しく大きな収穫があって
伊達手芸隊の方や他の方と、もっとお話したかった~。
数日前の冷や汗はどこへ?という感じでした。
そして、協賛のクロバーさんには、もやもや~だったのでした。
(クロバーさん、ごめんなさい)


花あみルーム、かぎ針編みコースの課題で余った毛糸で、私用のモチーフ作ろうっと♪
ポンポンよりも毛糸を無駄なく簡単に使えるので、これはおすすめです。
編み図記号が分からなくても、モチーフが作れるって、とっても素敵!
子供と取り合いになりそうです。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-10 17:09 | 編物・縫い物

お米は生き物。

母の日のプレゼントで、精米器を買いました。
毎日使ったり、2日分をいっぺんに精米したりして使っています。

去年、彼が腎盂腎炎になったし
私が腎臓で精密検査を受けたりしたので
(何ともなくて、たまたま疲れていただけでした)
薬膳の本の受け売りで、玄米に近いように
3分づきや5分づきにして、お米を炊いています。

白米よりも玄米に近いので
お水も白米より多くしたほうが良いのだろうな
と思って
炊飯器の白米用の目安よりも、少し多めの水加減で炊いてみたのですが
水っぽくなってしまいます。
おむすびを毎朝作りますが、お米の粒がつぶれてしまうほど。
白米用の目安で炊くと、丁度いい具合になります。
甘味もしっかりあります。

炊飯器の目安線が、どんなお米用につけられたのか
不思議に思うようになりました。

そういえば、コイン精米器で30キロを一気に精米したものは
炊飯器の目安線で丁度いい炊き加減でした。
同じお米なのに、精米したてと精米から時間が経ったものは
水の吸い方が違うようです。

5合で30ml以上変わってくるので、びっくりしています。
収穫されてから時間が経っていても
お米って生きているんだなぁ…。

それと、炊けてから時間が経った時のお米の変わりようも
コイン精米器と家の精米器で違います。
家の方が、おいしく食べられる時間が、短いのです。
ここでも、お米は生き物なんだなぁ…と感じます。

1年で、1人1俵分のお米を食べるので
お米の美味しさは、毎日の生活にかなり大きな影響があります。
精米器を買って良かったなぁ...。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-10 08:30 | 台所仕事

晒の使い道、温故知新。

最近、さらしで顔や体を洗ってきれいになる、というような本を読みました。

晒に使われる糸は、タオルよりも細いんですって。

子供がおなかに居たときに、腹帯として使った晒
彼の実家からもらって、紺色に染めた晒
沢山の晒があって、何に使おうかと思っていた所だったので
早速染めた晒を使ってみました。

顔を洗うときも、体を洗うときも、固形石鹸と晒を使います。
確かに、糸が細いのでよく泡立ちます。
タオルや体洗い用のナイロンよりも肌触りが良くて、気持ちが良く
泡のもちが良いので、当然、洗い上がりもサッパリ。
耳の周りなど細かい所も、薄い布なのでよく洗えます。

そして、晒自体、簡単に洗えるし乾きも早いです。

目からウロコ。
腹帯とお布巾位しか思い付かなかった物で、こんなに気持ち良く使えるなんて。
昔の人は、晒を日常生活でよく使っていたみたいだけれど、本当に色々使えるんですね。

本には
"晒が古くなったら、最後は雑巾に使って下さい"
と書いてあったけれど
体がぴかぴかになる物なら、きっと床もぴかぴかになるでしょうね。

もう体洗い用のナイロンは使わないでしょう。

江戸時代は、ゴミがほとんど出なかった、と
どこかで読んだけれど
着物も、形を変えて最後は雑巾まで、きっと使い切ったのでしょうね。

昔からあるものに、ひとつ教わったような気がしました。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-09 16:32 | 健康

ひと休み、ひと休み。

10日ばかりの間に、同じ奥歯を3回欠けては埋めて
を繰り返していました。
検診の時
親知らずに押されていて、危なっかしいですね
と話していたところでした。

昨日の朝も、また埋めたところが取れていて。

おかしいな~?

歯医者さんに行ったら
"出来るだけやりたくなかったけれど、こんなに埋めたところが取れるなら
神経取ってきれいにしましょう"

麻酔をかけて、いざ神経を取ってみたら
歯から膿がだ~っ!と出てきたようで
歯医者さんが慌てぎみで拭き取っていました。
3回ガーゼを替えながら。

太いところにあった大きな膿の塊は取れたようで
次回から、神経の枝分かれしたところに溜まっていると思われる膿を
丁寧に取り除いて、きれいに処置をするそうです。

膿が溜まっていた所の周り、麻酔が切れたら痛いのなんの。
編物も出来ません。
眠気も来ないし。

c0252717_19164995.jpg

そこで、"ユニット折り紙"という、くす玉の一種を作ることにしました。
同じ物をいくつか組み合わせて、くす玉を作ります。

折っている間は、気が紛れました。

組立になったら。
考えずに、機械的に手を動かすと
30枚組のくす玉は作れましたが
90枚組の40枚を超えた所で
考え始めてしまいました。

すると、途端に分からなくなるのですね。
どこまでが40枚までかも分からなくなって
昨日は断念。

今朝、再挑戦しましたが
80枚近いところで、振り返って考えてしまったら
また分からなくなってしまって。

3時間かけたものが、また振り出しに。

仕方がないので、本来は糊付け無しで組立られるものを
今度は仮止め用の糊で40枚までを付けて分かるようにしてから
続きをやってみようと思います。

ひと休み、ひと休みしながら、焦らず、ですね。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-08 17:54 | その他趣味

ウチだぁ~。

子供が、学校行事の野外活動から帰って来ました。

2泊3日の日程は、雨、雨、くもり。
ただでさえ、沢登りが予定されているのに、この天気では
荷物が濡れて重くなるだろうな、と思って
学校まで迎えに行ったら
みんなどこか薄汚れた感じ。

毎日お風呂に入ってきたハズなのに、何をして来たの?


明野に例えると。
キャンピカに荷物を置いて
かなり高いところまで車で送ってもらって
茅ヶ岳に登って、キャンピカまで降りてきて
テントで1泊。
次の日は、キャンピカの敷地内で飯ごう炊飯のカレーを作って食べて
キャンピカのコテージで1泊。
最後は、増冨温泉近くで、流れが緩やかなところを探険して
バスで帰ってくる感じです。

持って帰ってきた靴。
2足共に、今回の野外活動用に新しく買ったばかりですが
泥だらけ。

なんと、沢登り中、道を誤って遭難しかけたそう。
あと少しで、警察の捜索隊要請をするところだったらしく
妙に興奮して帰って来ました。
目の下にくまを作っているのに興奮しているので、の~ったりしたいつものウチを感じてもらうようにしました。

まずは、お風呂。
ラベンダー、サイプレス、ゼラニウム、イランイランをたらして
興奮を落ち着かせるようにしました。
次に、数年前に子供用に作った浴衣。
さくらんぼ柄の反物を、呉服屋さんで安売りしていたの(1反5,000円!)から
こしらえたのです。
最後は、けんちん汁と、3分つきと5分つきのお米に、さつまいもの素揚げ。

ウチ!と感じられる3セットを揃えました。

流石に、子供は
"ウチだぁ~。"

そして、私がお風呂場で洗い物をしている間に
気をつけ!の姿勢で熟睡。
今週末は、ゆっくりしようね。

先生方、お疲れさまでした。
宮城県の方は、ワイルドなんだと知りました。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-06 20:41 | 家族