<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

本体が編み上がりました。

c0252717_1124295.jpg

本体、編み上がりました。

製図を作る時に、袖付けまわりと身頃があまりにもテキストよりもサイズが大きくなったので
オリジナルの丸襟からVネックに変更して、頭が通りやすく工夫しました。

これからはぎ合わせですが
頭が通ってもらわないと、困るのよ〜。

縁編みの柄も、襟元の形が変わったので編んだ物とは合わず
どこかから探さなくてはいけなくて。

はぎ合わせた時の、頭の通り易さから
選ぶことになりそうです。

まずは、はぎ合わせた時の着心地だなぁ。
初めて製図起こしから作った、ぴったり自分サイズ。
ドキドキするなぁ。
[PR]
by bo-sun | 2013-05-30 11:24 | 編物・縫い物

予防接種は2回が望ましく。

風疹が流行しているみたいですね。
私の周りで、風疹に罹った人の話を聞いていませんが
昨日のニュースでは、大人になると重症化しやすいとか。

子供の頃、おたふくかぜで重症化した身としては
避けたいところ。

11年前、妊娠初期の血液検査ではなんと
風疹、はしか、水ぼうそうの抗体がなくて
珍しがられました。
確かに、どれもかかっていません。
わざわざ、水ぼうそうにかかった友達の家に行って
うつりに行ったのに、かからなかったのです。

水ぼうそうは、子供が生後9か月の時にかかったので
濃厚接触者の私は、おそらく抗体が出来ているでしょう。

はしかは、子供が予防接種を受ける時に
任意で受けたので、抗体があると思います。

風疹だけ、抗体を作る機会がありませんでした。

今住んでいるところは、急に人口が増えている開発地域。
子供の通っている小学校は、児童数が約1,300人で
先日の運動会は、保護者を合わせると4,000人。
立派な人ごみです。

小学校に行く度に、人ごみにあうのなら
風疹にかかる可能性が少ないとは言えません。
そこで、予防接種を受けることにしました。

かかりつけ医のところにワクチンがあったので
電話したその日に受けられました。
お医者さんによると
風疹の抗体がなく、長い間風疹が身近になかった人は
子供のインフルエンザと同じく
4週間期間をあけて2回、予防接種をする方が
抗体ができやすいそうです。
あくまでも任意ですが、という話でしたけれど。

確かこのお医者さん、子供のインフルエンザワクチン接種の時
1回目で、抗体の素地を作って
2回目で、抗体をしっかりと作る
というような感じの説明をしていました。

念のため、2回受けておこうかなぁ・・・。
[PR]
by bo-sun | 2013-05-27 21:10 | 健康

コセキのおじさん。

今、宮城県は運動会シーズン。
子供の通う小学校も、運動会を控えています。

そこで、ふと思い出しました。
マンモス校で、行事の度に
子供の姿が分からなかったり、間違えたり。

1/2成人式でも、体育館の壇上に沢山の児童が居た中で
子供の姿をうまく撮れませんでした。

早く会場に行って、撮りやすい席に座ればいいのでしょうが
よーいドン!というのは苦手でして。
元々、人が多い所自体苦手なので
空いている所...となると、子供の姿が小さく見えます。

で、いつもお世話になっている
街中にある中古カメラの専門店に相談しに行きました。

広瀬通り沿いのアーケード街にある、コセキ。
実家からフィルム式一眼レフを譲ってもらった時
状態を見てくれて、家での管理方法を教えてくれました。

写真好きの方の集うお店のようで
偶然立ち寄った社会人写真クラブの写真展でも、コセキのおじさんは有名人。
富士フィルムの仙台支店の方も、現像をコセキに頼むと言っていました。

コセキのおじさんに事情を話したら
ウチのフィルム式一眼レフに合う、望遠レンズを3つ出してきてくれました。
"あとは、手に取った感じだよ"と、実際に使わせてくれました。
親切だなぁ…。

結局、一番小ぶりで、移動しながら三脚なしでもギリギリ使える物を選びました。
望遠で拡大出来る距離は短いけれど。
"他のは大き過ぎて、三脚と一緒に使いこなせないかもしれないね"
お店の得にはならないけれど
使う私の身に合った選択を、尊重してくれました。

その上で、このレンズを使った撮り方を教えてくれて
"家に帰ったら、手ブレしないように練習するんだよ"
と、姿勢を実演しながら梱包してくれました。

コセキのおじさん、このデジカメ全盛のご時世に
初めてカメラで何かを撮ろうという時、まずフィルム式を選ぶ私を
面白い発想をするなぁ...と
思っているのかもしれません。

でも、デジタル一眼レフよりも
自分で決められる範囲がちょっと広いから
写真を撮るときに必要な言葉とその意味が
分かりやすいんです。

デジタル一眼レフは、オートにすると、本当に色々設定して
ピントの対象も選んでくれるので
"もうちょっと違う所のを撮りたいんだよぉ~!"
という時があります。
山椒の花を撮るのも、ちょっとした騒ぎでした。

蕃山で、"脇をしめて撮る"っていうのを練習しようかなぁ…。
[PR]
by bo-sun | 2013-05-23 18:39 | お買い物

いい具合のむら染めに。

先日の藍染とは別ですが。

今年のお正月の帰省だったか
義母さんから、ちょっと古いさらしの布を10mほどもらいました。
古いので、少し茶色のシミが少しついています。

確か明野時代に、手芸用の紺色の染料を買ったなぁ・・・と思っていたら
昨日の夕方に出てきました。

非常用の水ポリタンクの入れ替えをお風呂場でするので
お夕飯のお支度をしながら準備して
食べている間に染めて
食べ終わってから余分な染料を洗い流して
無事に染め上りました。

今日、風通しのいいところで陰干しをして、出来上がり。
夕方のアイロンがけの時間に、地ならしも終わって
いつでも使えます。

ハワイアンキルトをなさる方が好みそうな
いい具合のむら染めになりました。

でも、反物の幅なので、キルトよりは
作務衣やもんぺや白い糸での刺し子の方が合いそうです。
問題は、私は編物の方が好きで、縫物は余り好きではないこと。
今履いているもんぺズボンは確かに作ったし
こたつカバーも作ったけれど。

ミシンで縫うのは、途中の過程でうまく止められなくて
一気に作ろうとしてしまうので、速すぎて疲れてしまうし
かといって手縫いも遅くて下手っぴ。

不思議と、手編みは編むプロセスを楽しめるけれど
手縫いは縫うプロセスを余り楽しめないのです。

編物は、機械編み器がもうほとんどなくて、ほぼ手編みしかないから
プロセスを楽しめるのかもしれないけれど
縫物は、ミシンという選択肢がある分、迷いが出るからかもしれません。

でも、折角の10m。
端ミシンの要らない楽な生地。
直線縫いで出来る物を探して、使う日を楽しみに
しばらく防虫剤と一緒に眠っていてもらいます。

何しろ、編物すら最近進まないのです。
前身頃と袖2枚。
しかも袖は、自分の作った実物大製図に合わせて
編み図記号の変更作業も待っています。

来週になったら落ち着いて編物したいなぁ・・・。
[PR]
by bo-sun | 2013-05-17 22:03 | 編物・縫い物

処分と入手。

電話帳(最近はイエローページっていうんですっけ)で
クリーニング・しみ抜き
と書いてあるお店の中で、ウチから一番近いところにお電話をしたら
"ウチは取引のある業者さんから引き取るのしかしていないんですよ。"
とのこと。
困ったな・・・と思っていたら
取引のある呉服屋さんを紹介してもらえました。

化繊の色無地をたたんで、風呂敷に包んで
寸法の参考に、と、手元にある長襦袢も包んで
大荷物。
よっこらしょ、と、呉服屋さんに行ってみました。

すると。
今日からお店の改装前セールとか。
運がいいなぁ。

そして、見てもらったら、持ち込んだ色無地はぜ~んぜん使い物にならなくて
敢えてお直しをしたとしても
セールの絹の反物から色無地を仕立てたのと同じお値段になりますよ
というお話でした。

処分決定。

そして、折角のセールなので、小物を見せていただいたら
(手持ちに帯揚げが少ないのです)
藍染の大判の風呂敷が500円。
使えば使うほど味が出ると聞いた藍染。
普段は高くて買えないのに、3桁で手に入るなんて
これは買うでしょ~!

買ってすぐに、色落ちした藍で色移りしてもらいたいものと一緒に
洗濯機で2回ほど洗いました(笑)

風呂敷は、カバンの代わりにもなって色々使えるし
本当に運が良かった~。
[PR]
by bo-sun | 2013-05-15 21:26 | その他家事

シミ抜き頼む?ほどく?

山梨に居た時、義妹が結婚しました。
お式の日取りが決まってから、着物で居ることに慣れようと
生協の宅配の譲って下さい欄で声をかけました。

着付けの練習をしたいので
着物が余っている方、譲ってください。
受け取りに伺います。

甲府の80歳代の方や、塩山の70歳代の方が
ウールから紗の着物、浴衣、名古屋帯
コートや小物も含めて色々譲ってくださいました。

受け取った日から毎日のように、浴衣や日舞用と思われるお着物や帯を締めて過ごし
お陰で結婚式の日は楽に過ごせました。

生地の硬いウールやポリエステルで着慣れれば
絹の留袖は、本当に着心地が良くて楽なものでした。

それからも、折角いただいたので
ウールや浴衣といった普段着は時々着ています。

その中で、1枚、着たいけれど残念な物がありまして。
ポリエステルのかわいらしい色無地なのですが
たとう紙に紐を付ける接着剤のお陰で、裏地の色が表に出て
シミになってしまっているのです。

今日、お天気が良かったので洗ってアイロンをかけて
干してみましたが、シミは取れず。

色無地は使い勝手のいい着物なので
クリーニング屋さんでシミ抜きをしてもらって着るか
長年かけて出来たシミなので、あきらめてほどいて帯揚げなどにするか。

迷っています。

これが絹なら、迷わず悉皆に相談するのですが。
ポリエステルというところが、微妙です。

きれいに乾いたところで、クリーニング屋さんに持って行って
お値段の相談をしてみます。
[PR]
by bo-sun | 2013-05-14 22:33 | その他家事

母の日は、精米器。

c0252717_19492741.jpg

お米好きな我が家。
特に、彼が腎盂腎炎になった時に調べたら
薬膳では、玄米が彼の体にいいとのこと。

それ以来、彼は玄米を苦手としていますが
毎日玄米とまではいかなくても、日や体調によって
色々な精米具合のお米を食べてみたいなぁ・・・
と思っていました。

でも、近くのお店では
ホームベーカリーよりも精米器の方が高くて
中々手が出ませんでした。

が。

ネットで見ていたら、プリンターのインクに少しのお金を足したら買える位の
精米器が!
ダイヤル式だし、作りがシンプルなのが気に入りました。
シンプルな物って、壊れにくくて長持ちするような気がするのです。

使った方の評価がとても高いので、彼に相談。
一晩経って。
"母の日として買っていいよ"
早速注文。
お急ぎでなく普通の発送でしたが、注文してから24時間でウチに届きました。

明日のために、去年精米したお米を"白米みがき"コースでちょこっと精米してみました。
精米前後で、お米の粒の大きさが違います!
当たり前かもしれないけれど、ちょっと感動。

明日の朝、どんな味に炊き上がるでしょうね?
[PR]
by bo-sun | 2013-05-13 20:05 | お買い物

クラシック塩こうじ。

c0252717_207028.jpg

GW頃に仕込んだ塩こうじが、出来上がりました。

私の使う塩こうじは、クラシックタイプ?です。
というのは、元々塩こうじは、冷蔵庫のない時代に
お野菜などを風味よく漬けるための物なので
冷蔵庫に入れないで済むように、塩の分量が今広まっているものよりも多めです。

今広まっている塩こうじは
こうじ 100g
お塩   30g
というように、重さの比が10:3です。

でも、昔ながらの塩こうじは
こうじ カップ1
お塩  カップ0.3
というように、体積の比が10:3です。
重さ比に直すと、10:6位でしょうか。
随分と塩っ気が多いです。

これを、のんびりと1日か2日に1回、かきまぜて
こうじの硬さがなくなるまで寝かせます。

出来上がってすぐの物を、早速常備菜に使いました。
・スライサーで薄く切った新たまねぎに塩こうじをまぶして
・出てきた水気を絞って
・水で戻した塩蔵ワカメと合わせて
・少しお砂糖を足して
出来上がり。
彼のお弁当の一品になります。

昔ながらの塩こうじは、ぬか床と同じように洗い流してしまうようですが
今回はお塩の代わりとして、洗わずに使いました。
風味が活きてました(自画自賛)
[PR]
by bo-sun | 2013-05-13 17:19 | 台所仕事

家庭訪問、最終日。

c0252717_20195435.jpg

小学校の家庭訪問最終日に、先生がウチに来てくださいました。

子供の話によると・・・。
・気仙沼のご出身
・千葉県からいらした。
・お引越の日に雪が降って大変だった。

さて。
教職員は県職員だから。
千葉県に派遣されていたのか
千葉県から臨時で派遣されたのか
宮城県で採用試験を受けなおしたのか。

今日いらした時に伺って、分かりました。

宮城県で試験を受けた当時は、12倍の難関で不採用。
千葉県の試験に合格したので、千葉県の小学校教諭として働いていたけれど
いつかは自分の出身地の宮城県で教えたいと思っていた。

昨年の採用試験も10倍の難関だったけれど合格出来て
今年から地元宮城県に戻ってきた。
(嬉しくてたまらなさそうなお顔でした。とても素直な方のようです。)

"千葉県で武者修行をなさってきたんですね"とお話しました。
勉強その他に関する考え方に、共感できるところがあって
明野中学校の女子ソフトテニス部に少しお邪魔していた時のことを思い出しました。

先生がお帰りになった後
今年の大河ドラマにちなんだ"八重桜紅茶"(これも先日の帰省中のSAで買いました)
をいただいて、一息つきながら。

気仙沼、行ってみたいけれど、仙台からは意外と遠くて。
津波の被害はどうなんだろう?
先生のご親戚などは・・・。
先生がとてもエネルギッシュに見える分、怖くて聞けませんでした。

震災の色々を話すには、まだ時間がかかるように思います。
[PR]
by bo-sun | 2013-05-13 15:40 | その他家事

お盆でもっと楽しいご飯。

c0252717_21311737.jpg

先日の帰省途中、休憩で止まった猪苗代SAで工房直売の漆のお盆を買いました。

直径が20センチ弱の取り皿に、お味噌汁とお茶碗とコップが丁度乗る、使い勝手のいい大きさで
ケヤキにちゃんと漆を塗り、角には黒い留め金もついているという
とてもしっかりしたお盆なのに、本当にお手頃価格。
毎食助かっているので、長く使うためにも、使ったら水洗いしてお布巾で拭いています。

お布巾は、妊娠中に腹帯として使っていたさらしの布を適当に切って
これまた適当に刺し子をしたものです。
2反を交互に使って、よく洗ったので、とても水を吸い取ってくれます。

そんな生活のちょっとした変化に合わせて、台所にお布巾干しを付けました。


あとは、子供の頃みたいに、鰹節削り器で鰹節をかいて使うことに慣れたいなぁ…。
鰹節削り器は、数年前に買ったのですが
子供の頃に削ろうとして、右手の爪を剥がしてしまってから
中々使えなくて。
でもやっぱり、削りたての鰹節って、美味しいです。
[PR]
by bo-sun | 2013-05-11 21:34 | 台所仕事