「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:動物( 4 )

フワちゃん家の初お掃除。

c0252717_16554928.jpg
ファンシー雑貨店で何故か販売されていた
サカサクラゲ。
瓶に入っていました。
"体内に藻を含み、その藻の光合成によって出来た栄養をもらって生きます。"
自給自足のクラゲなのかぁ。

熱帯魚を飼っていた兄の手伝いをしたため
軽い気持ちで買って
"フワちゃん"と名付けたのですが。

調べてみると、藻からの栄養では足りず
定期的な餌やりをしないと
小さくなっていき
最後は消えてしまうのだそうです。

餌やりも
"クラゲは動物性プランクトンであり
自分で餌のある所まで泳がない。
サカサクラゲの触角には毒があり
餌はスポイトで与える。"

更に
"水質悪化によって、弱っていくので注意が必要。"
"水の循環は必要だが、吸い込み口に付かないように。"
"傘に傷が付くと、死んでしまう。"
"傘の中に気泡が入ってはいけない。"

えぇぇぇ~!

初めて"人工海水の素"を買って
水槽を用意し
気泡が付かないように、透明な下敷きで区切り
海水の濃度を"比重計"で計り
水温計で適温を保つようにし
手探りで飼っています。

18~25℃が適温と書いてありましたが
23℃では高すぎて小さくなり
20℃位が元気そうです。

週1回水槽とは別容器に
フワちゃんをおたまで移して
餌やりをしながら
何とか半年生きてくれました。
c0252717_16554931.jpg
サカサクラゲの名前の通り、触角を上にして
逆さまなんじゃ?という格好をしています。

でも、何だか最近、水槽が汚れている感じ。
水質悪化でフワちゃんが小さくなったら困るなぁ…。

フワちゃんのご飯の時間に
水槽の壁やフィルターを洗って
きれいになりました。

また来週ね。
[PR]
by bo-sun | 2015-03-02 16:31 | 動物

猫、予防注射。

c0252717_21224140.jpg

動物病院から、お知らせ葉書をいただきました。

年1回の事なので
"いつだっけ?"
葉書のお知らせは助かります。

帰省や旅行時等、ペットホテルを利用する時
予防注射証明書を提示しないといけないのです。

子供のお友達で、動物好きな人が遊びに来ていたので
お友達に見せて撫でてもらってから
午後の診察時間に行って来ました。

健康状態よく、体重は去年より少し減って
無事に接種。
"今日は様子を観ておいて下さい。"

c0252717_21335919.jpg

帰宅後、大人しくなりました。
ずっと私の側。
お手洗いまでついてきます。
まるで1歳児の後追いだなぁ。
様子を観るには楽です。

今夜寝るときも、私の枕元に居そうな勢い。
日本語を話さないけれど、ボディーランゲージは豊かです。
[PR]
by bo-sun | 2015-01-21 21:22 | 動物

お互い、しあわせだね。

c0252717_2134610.jpg

今日の午前中は、子供の土曜参観でした。
校外行事の説明会もあったので、早めに家を出ましたが
出てすぐのところで、野良猫が車にひかれていました。

憐れだけれど、私には何も出来ない…。
野良猫の寿命は、2~3年という話を思い出しました。

ウチの猫は、捨てられた経験のある子で
里親の会で譲ってもらいました。

とても臆病な性格で、他の人ではなつかないだろうと
山梨でのかかりつけの獣医さんに言われ
他の飼い主を探さず、ペットの飼える家を探しました。

体調が悪いとき、この猫が一緒に居てくれると、心強いです。
不思議と、私の体調に合わせて、寝る場所を変えます。
私の体調が酷い時は、子守唄のように、すぐ側でずっと喉を鳴らしてくれます。

猫は、大体5才9か月。
誕生日が分からないので、10月ということにしています。
もう、野良だった場合の倍を生きています。
私が気を付けてあげれば、20才まで生きるそうです。

お互い、しあわせだね。
これからも、一緒に過ごせたらいいね。
[PR]
by bo-sun | 2013-07-06 21:02 | 動物

がんばろうね。

ウチの猫の予防接種が1か月遅れていることと
ノミダニよけのお薬がないことに気づきました。
最近、怖い感染症が出た、というし、6月から使うけれど
在庫があるなら早めにもらっておこうと思ったのです。

午前中は、動物病院通いになりました。
無事、予防接種も終わって、猫も元気で一安心。
でも。
目やにが多いのは、まぶたの部分がとても少ないから
毛が目に入ってしまうんですよ。
多分、子猫の時に目を傷つけてしまったんでしょう。
余り目を傷つけた状態が長く続くと、目が開かなくなっちゃいますから
目薬をさして炎症を抑えましょうね

山梨動物里親の会で譲ってもらった、元捨てられちゃんです。
だから、生まれた当時の詳しいことは分からないのです。
もちろん、会の方で健康状態は確認した上で、譲渡会に出しています。
譲ってもらった当時は、目はきれいで、気づきませんでした。

がんばって目薬さして、痛いの治そうね。
猫に目薬をさすのは、とても難しいけれど
お互いにがんばろうね。
[PR]
by bo-sun | 2013-02-27 12:40 | 動物