カテゴリ:健康( 50 )

体ケアの日。

ただ今、プレ更年期。
春から"これでいいのかな?"と思えることが続いていたので
今日は編物のお教室をお休みして、病院に行って相談して来ました。

"骨粗鬆症のリスクが高くなるので
あと4年は自力で女性ホルモンが分泌される方がいいでしょうね。"

そういえば、今年初めて、健康診断で骨密度が平均よりも低くなりました。
もしかして、これが原因?

お医者さんに質問して納得して、仙台に来て2回目の女性ホルモン注射を受けました。
大体、この注射を1回受けると、体が分泌することを思い出してくれます。

あと、念のために、採血。
更年期がどれ位近づいているのか、または進んでいるのかが、分かるそうです。


病院の後は、3か月ぶりにマッサージ。
頭から脚まで、コリコリでした。
お風呂に入ったり、お灸を据えたりしていたのですが
それ以上に、編み過ぎたのかもしれません。
次が楽しみで、ついつい編んでしまうんですよね…。

c0252717_19385516.jpg

マッサージ屋さんの帰りに、温泉に入ろうかと思って、温泉セットを持って出掛けたのですが
お財布と相談して、家のお風呂にしました。
マッサージのお陰か、お風呂でボ~。
体を休めました。

でも、夕方からまた編物。
交感神経の本を読むと、全く休んでしまうと、逆に疲れが取れにくく
少しだけ活動した方がいいそうなので
今夜は少なめにします。
[PR]
by bo-sun | 2013-11-12 19:23 | 健康

眼精疲労にコレ・・・だそうです。

c0252717_2223924.jpg

先週末から、"爆編み"をしています。
少なくて、1日に毛糸1玉。
多い時は、2.5玉。

今日も1玉編みました。
ケープの半分位、進んだかなぁ・・・。

すると、肩こりは勿論ですが、目疲れがひどくなります。
お風呂に入ったり、お灸を据えたりして対処するのですが
眼精疲労を起こしてしまったようです。
目がかゆいし、目の奥がむずむず。

いつも行く薬局の薬剤師さんに相談しました。
目薬って、色々あるから迷ってしまって。
すると、1つの目薬をすすめられました。
c0252717_2233457.jpg

成分がかなりしっかり入っているそうで
"目薬をさしたくなるだろうけれど、3時間あけてね。
成分を補充しすぎて白目のところが充血しちゃうよ。"
と念を押されました。

眼科で処方してもらうドライアイ用の目薬とは違う、気持ちよさ。
2種類のダブル使用で楽になるといいなぁ。
それよりも、ホドホドがいいんでしょうね。
[PR]
by bo-sun | 2013-11-08 22:12 | 健康

リハビリ、始めます。

自分の過去の経験を顧みたり、子供の様子を見たりしていると
成長って階段状に起こる事だなぁ・・・と思います。


昨晩、ふと極度の過労で倒れる前の自分を思い出しました。
"私、誰が相手でもやっていける。相手に合わせて振る舞える。"
相当な八方美人です。
トンデモナイことを考えていました。
それには、背景があります。

家族の話を、最近まで20年ほど聞き続けて来ました。
私は家族の中では一番年下なのですが、聞き続けました。
家庭内カウンセラーのような役割を持った時期もありました。

心理関係の本を読んで知ったのですが、カウンセラーのお仕事で大切なことに
"相手を否定しない"
"相手に共感する"
"口外しない"
というのがあるそうです。
専門的な教育を受けず、15~20歳の頃に身に付きました。

約30歳年上の人を相手に、全く専門の教育を受けず
人生経験もないのに、共感する高校生。
無理がありすぎました。

家庭内で自分を守るために、"相手の求める顔、振る舞い"を作りました。
頭の中に、8つのスイッチのイメージが出来上がりました。
不思議と、スイッチが自動的に入れ替わるのです。
すると、"自分"というものがどういう者なのか、どういう人格なのか
いつの間にか分からなくなってしまったのです。

そのまま、求められるまま、極度の過労で倒れるまで続きました。


今、外出して人に会うと、とても疲れることが多いです。
次の日に熱を出してしまうこともあります。

おそらく、"自分の人格"が、無意識のレベルではもう分かっているのでしょう。
でも、意識レベルでは分かっていないので
倒れる前の名残で、"相手の求める顔、振る舞い"を無理に作ってしまって。
そして、体は無意識レベルに対して正直に反応して、疲れたり発熱したりしているようです。
"自分の人格"は、そんな顔や振る舞いをしないよ。
もう少し正直になりなよ。
そんなメッセージを、体は発しているのでしょう。

"自分は何者なのか?"、"自分はどういった考え方をする者なのか?"は
色々な人に会ってみないと、分からない部分があります。
声、表情、身振り手振り。
対面のコミュニケーションは、沢山のことを教えてくれます。
そういった面で、人は自分の心の鏡だと、感じます。


昨晩のことを思い返して、反芻して。
数年前に人に言われた
"会った人が、どんな考え方をするのか、考えてご覧なさい"
という言葉も、思い出して。
やっとその言葉の意味が腑に落ちて。
自分の意識上で、"自分の人格"を知りたい、と思うようになりました。
そのために、人に会いたい、と。
まだ疲れやすいでしょうから、少しずつになりますが
リハビリ、始めます。
[PR]
by bo-sun | 2013-10-18 23:20 | 健康

晒の使い道、温故知新。

最近、さらしで顔や体を洗ってきれいになる、というような本を読みました。

晒に使われる糸は、タオルよりも細いんですって。

子供がおなかに居たときに、腹帯として使った晒
彼の実家からもらって、紺色に染めた晒
沢山の晒があって、何に使おうかと思っていた所だったので
早速染めた晒を使ってみました。

顔を洗うときも、体を洗うときも、固形石鹸と晒を使います。
確かに、糸が細いのでよく泡立ちます。
タオルや体洗い用のナイロンよりも肌触りが良くて、気持ちが良く
泡のもちが良いので、当然、洗い上がりもサッパリ。
耳の周りなど細かい所も、薄い布なのでよく洗えます。

そして、晒自体、簡単に洗えるし乾きも早いです。

目からウロコ。
腹帯とお布巾位しか思い付かなかった物で、こんなに気持ち良く使えるなんて。
昔の人は、晒を日常生活でよく使っていたみたいだけれど、本当に色々使えるんですね。

本には
"晒が古くなったら、最後は雑巾に使って下さい"
と書いてあったけれど
体がぴかぴかになる物なら、きっと床もぴかぴかになるでしょうね。

もう体洗い用のナイロンは使わないでしょう。

江戸時代は、ゴミがほとんど出なかった、と
どこかで読んだけれど
着物も、形を変えて最後は雑巾まで、きっと使い切ったのでしょうね。

昔からあるものに、ひとつ教わったような気がしました。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-09 16:32 | 健康

またやって来ました。

私がクリニックに通って飲んでいるお薬は
性質上、医療費の負担を軽減してもらえます。

毎年、証明書が更新されて
2年に1回、診断書を添えて窓口で更新手続きをします。

今年は、体調を崩して初めて、夏バテで寝込むことなく
9月を過ごしています。
8年間で初めてで、嬉しいです。

ただ、お薬で調整して保てているので
少し気分は複雑です。
しかも、種類は違いますが、8年間お薬を飲み続けているせいか
今年初めて、健康診断の血液検査で腎臓の機能低下を指摘され
精密検査を受けました。

結局、無事問題ナシとなりましたが
疲れると、何らかの値の出る項目だそうです。
今日も、疲れて小1時間ほどお昼寝。
お昼寝出来る立場なのは、有り難いですが
お薬で調整しても、お昼寝しないと1日の体力が持たないのは
これまた複雑な気分です。

ウチの家庭が成り立っているから、いいのかもしれません。
でもね、いつかお薬で調整しなくて済んで
お昼寝しなくても体力が持つのが普通の毎日になるといいなぁ…と思います。

主治医からは、腎臓内科で再検査となった時に
"1種類以外は、自分の判断で減らしてみてもいいですよ"
と、話があったので、少しずつ減らすように調整しています。

その1種類も、飲まなくてよくなるのは、いつかなぁ…。
今まで飲んでいた年数が長いので、気分が落ち込みそうになりますが
出来るだけ楽しみに待つことにします。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-03 23:36 | 健康

メガネでビックリ。

先日、ケータイの画面を見ようとしたら
どうもかすみます。
しかも、見えやすい所と、そうではない所と
差がありました。

ん~?
と思っていたら、テレビで緑内障の事を知って
かなりドキドキ。
40歳代から始まる場合があるのですね。

彼と私、どちらもかなりな近眼で
メガネのお世話になっている上に
眼精疲労になることが多いので
眼のトラブルは怖いね~。
機会があったら、調べてもらいたいよね~。
そんな話をしていました。

子供の受診のついでに
私の眼の状態を調べてもらいました。

裸眼で、0.1と0.3。
メガネをかけて、1.2と1.5。

数年前までは、裸眼で0.04だったのですが
良くなっていたことに、まずビックリ。

そして、ドライアイで受診した5月と
同じ度数のメガネをかけているのに
0.6から跳ね上がっていることに
看護師さんもビックリ。
新しく作ったメガネの度数を調べて
今までと変わらないことを確認されました。

眼科を受診した時にかけたのは、近くを見るとき用のメガネで
他に2種類、違う度数のメガネを持っているのですが
そのメガネの必要が無くなってきたのかも...。
でも、結構動体視力を使ってカンで答えたし...。
そんな考えがぐるぐる。

"これからは、近くを見るときは裸眼で過ごした方が良いですよ。
はじめは近寄ってしまうかも知れませんが
メガネをかけた状態だと見えすぎて
逆に目疲れの原因になると思います。"
看護師さんからアドバイスをもらいました。

裸眼で近くを見るようにしていったら
もしかしたら、将来裸眼で過ごせる...かも...知れませんね。
微妙な言い方ですが、ちょっと嬉しい言葉をかけられました。
なので
極細のレース針を顔に近づけるのって、勇気が要りますよ...。
とは言わず、オトナシクしていました。

診察では、緑内障の疑いはなく
かすみのムラは、ドライアイによるものだそうです。
視力が良くなっているのは、メガネを作り替えたことと
ドライアイ用の目薬をつけて、状態が良くなったことが
重なったからでしょう、と言われました。

おそるべし、ドライアイ。
もう人体の機能として、ドライアイが治ることはなく
目薬をつけ続けることになりますが
それでも、見えやすくなるって、嬉しいです。

ドライアイ用の目薬の効果もすごいけれど
定期的にメガネのレンズの状態を確認して
作り替える効果もすごいんですね。

目では分からないけれど
メガネのレンズのコーティングが
時間と共に取れていったり
れんずの表面に傷がついて
見えづらくなっていったりするんですね。

眼もメガネも、大切にしよう~。
[PR]
by bo-sun | 2013-08-19 12:04 | 健康

療法を中止しました。

この前の療法の日、スタッフのMさんに
療法の中止を申し入れ
その日で中止となりました。

一番は、スタッフMさんに信頼感を得られず
これから療法を進めるのに安心出来ないと思ったからです。

療法は、自分の内面を探る内容のものですから
信頼出来る療法士さんと一緒に進めないと効果がないのです。

Mさんに話したくないことでも、効果的な療法になるために、話さなければ、と思って無理をしたこと。
そして、毎回フリーズするMさんに、会話を通して内面を探るのは、難しく感じました。

そして、Mさんの中では、療法を進める順序だてが出来ているようでしたが
私の意思や、Mさんからの提案を私が受け入れられる状態か、確かめる姿勢が、Mさんから感じられなかったのです。

Mさんは、フリーズしていたことに気付いていなくて
驚いていました。
私は、素直な方だなぁ…。
でも、そんなにフリーズされると会話をしづらいなぁ…と
フリーズされる回数が増えるごとに思うようになり
会話をすることが精神的な負担と疲労になっていきました。


本当に困って、色々な人に相談しました。

その中で
"治ろうとするあなたが主役なの。一番大切なの。
療法士さんの順序だてや
週1回受けるという療法の決まりごとが一番ではないのよ。"
本当に、お名前も存じ上げない方から、第三者の立場だけれど、と前置きされて言われました。
でも、心にズシンと響きました。


自分で、療法を受けて、良くなりたいと思っていたけれど、受け身だった…。
そして、ちょっとした不安も疑問も、Mさんに話さずに、勝手に無理を重ねていた…。

無理はやめよう。
自分に嘘をつくのはやめよう。
強く思いました。


精神的疲労と、これからの自分の体の状態に対する不安で、酷い状態が2週間程続きましたし
一時的に、過去の辛い記憶が沢山よみがえって、今の生活に支障が出ましたが
やっと回復してきました。


健康保険のきかない、自由診療の療法だったので、中止したからすぐに悪い何かが起こる訳でもありません。
これからは、自分のペースで、無理なく、良くなっていこうと思います。
[PR]
by bo-sun | 2013-07-29 03:24 | 健康

今日もフリーズ。

週1回の療法の日でした。

先週、頓服薬も頭痛薬も効かないし
次の日の身体検査でバリウムを飲んで
バリウムを出すためのお薬が合わなくて七転八倒
火曜日にようやく動けるようになった話をしたら
今日は軽めになりました。

でも、基本は私の情報をお伝えする段階です。
どこまで詳細にお伝えするか。
それによって、Mさんからの提案内容が変わってくるので
どうしても突っ込んだ話になります。

で、今日もMさんは一瞬フリーズ。
聞き返して確認する、という技も出て来ました。

う~ん。
今後、Mさんは何回フリーズするんでしょう。
フリーズ回数に興味が湧いて来ました。
でも、嘘は話していませんよ(笑)


"踏んだり蹴ったり(Mさん談)"の1週間を過ごし
今夜のための対応策をとって来たので
Mさんは、"まるで覚悟を以て臨んできているようですね"と
私に対して少し心配そうな様子でした。

そりゃぁ、今日も頓服薬も頭痛薬も効かずに
動けなくなったら困りますから。

"例えば、中で膿が溜まった傷を切開して
消毒などの処置をすれば
処置中は痛いものでしょう?
でも、自分で中途半端に処置をするよりも
専門家の助けを借りた方が、安全できれいになりますし。"

別に投げやりでもありません。
療法をより効果的に受けたいと思うのです。


具体的な療法の提案がなされる時を楽しみに?しています。
来週もMさんがフリーズしそうな情報をお伝えするかもしれませんが。
[PR]
by bo-sun | 2013-07-04 20:11 | 健康

努力しています。

新しい療法が始まりました。
基本は週1回ペースで受けています。

最初の2~3回は、私の情報を担当スタッフのMさんにお伝えして
そこからMさんが私に提案し、療法を進めていくことに
なっているのですが。

先週の2回目、私の話にMさん一瞬絶句。
そして、流石プロ。
引きずり込まれないようにブロック。

そして、まだMさんにお伝えしていない私の情報は
主観ではまだ2/5残っています。

Mさん、どうやって具体的な療法を決めて
私に提案し進めていくのか
私も興味があります。

それにしても、自分の情報を自らの中でまとめて伝えるって
とても労力を使いますね。
療法の時間は1回に50分ですが
その後1日中、ぐったりしています。

自らの内面を自分のノートに書くよりも
第3者に話す方が、数段も整理され
より強力に内面をブラシかけ
錆落としをするような気がします。

それだから、ぐったりするのでしょう。
そういうことでしばらく、努力しています。
[PR]
by bo-sun | 2013-07-01 09:53 | 健康

心肺蘇生法講習会。

c0252717_124201.jpg


久しぶりに心肺蘇生法講習会に参加して来ました。
明野に居た時は、3年連続で参加したのですが
去年、何かの折に、当時とは方法が変わったと聞いたのです。

以前は、1分人工呼吸、1分心臓マッサージでした。
今は
・人工呼吸が一般の人には難しいこと
・人工呼吸のために顎を動かした時、もしも相手が頸椎(首の骨)を痛めていたら、神経などを痛めてしまうこと
この2点から、心臓マッサージをずっと行うことになったそうです。

下手をすると、肺に空気が入らずに、胃に空気が入ってしまうのだとか。
確かに、人工呼吸のために顎を持ち上げる角度が、難しかったように思います。

明野は、消防署から遠くて、自分達で守ろうという意識がどこかにありました。
彼は消防団に入っていたし、私も地区の防災訓練に参加したし
近所で火事が起きた時には、町の人で消防車が来る前に出来ることをしていました。

今、山形県に向かう道路の近くに居るので、結構緊急車両の音を聞くし
街なんだなぁ…と思っていましたが。
仙台市の救急車は23台。
100万人住んでいる都市で、23台。
これでも、法律に適応した台数なのだそうです。

そして、救急搬送先からは、かなり遠い地区なのだそうです。
場合によっては、80キロ先の石巻まで搬送することもあるそうです。

保険証、かかりつけ医、飲んでいる薬の種類などをすぐに伝えて
出来るだけ早く搬送先を決められるようにしておいた方がいいそうです。

c0252717_13152968.jpg

余り明野と変わらない、と考えて
防災メールに登録したり
応急措置法の講習会に参加したり
しておいた方が良さそうです。
[PR]
by bo-sun | 2013-06-26 12:40 | 健康