カテゴリ:とってもお出かけ( 7 )

チビおのくん、手に入れました。

c0252717_23232497.jpg

陸前小野駅前仮設住宅集会所まで行って
チビおのくんを手に入れました。
ウチから往復約100キロ。

c0252717_23244416.jpg

本屋さんでは売っていない、おのくん絵本も。

c0252717_2327174.jpg

これで5体になりました。

c0252717_23265420.jpg

こんなことしたり
c0252717_23264142.jpg

こんなことしたり
c0252717_23272385.jpg

こんなことしたりして。

いろんなところに、おのくん。

一方今日から、陸前小野駅前仮設住宅の撤去が始まったそうです。
c0252717_2329147.jpg

プレハブの仮設住宅。
音、室温等々、大変な環境です。

c0252717_23325775.jpg

陸前小野から仙台方面に一駅の、野蒜駅。
この画像の奥、トンネルの上に、新しい仙石線が通ります。
そして、手前の野蒜駅全体が、津波をかぶりました。
この画像では分かりませんが、駅名の看板が、津波で曲がっています。
家が一軒建っていますが、これは流されずに残ったのか、震災後に建てたのか…。

c0252717_23363622.jpg

野蒜駅に出来たコンビニの外壁には、1階全体が沈む位の高さに
津波到達の看板が。
海からかなり離れていて、松林があっても、襲ってきた津波。
私の身長の2倍を超えています。

近くでは、津波で被害を受けた住宅を壊しているのに遭ったり。
まだまだ復興からは遠い、沿岸部。
同じ宮城県なのに、私の暮らしている地区と温度差があって
とても複雑な気持ちになりました。

私は、県内ニュースを見て
知った気になっただけだった…。

おのくんが縁で知り合った人。土地。
また"おのくんの里帰り"をしよう。
今度は、のりソバを食べに行こう。
[PR]
by bo-sun | 2015-02-06 23:22 | とってもお出かけ

5年4か月ぶりに帰省。

c0252717_19253764.jpg

今月はじめ。
子供を学校に送り出し
彼が元気そうなのを確認して
仙台駅屋上駐車場へ車を走らせました。
5年4か月ぶりに、1人で帰省です。

前回、明野時代に家族で1泊2日の帰省をしたら
親が疲れてしまったそうなので
気を遣わせず、時間を余り考えずに済むように
身軽な1人の移動としました。
臨時収入が、1人の往復分しかなかったこともありますが(苦笑)

とはいえ、そこそこの長距離なので
子供には、もしものためにケータイを学校に持たせ
学校には、緊急連絡先がその日だけ変更になる旨を伝えておきました。

c0252717_19332593.jpg

時間がギリギリなので、みどりの窓口に並んでいられず自動券売機を利用。
自動券売機で新幹線指定席まで買えることに、ちょっと感慨深くなりました。

c0252717_19355682.jpg

横浜市内にある実家。
最寄り駅で一番階段に近い乗り場、覚えているものですね。

親の様子をさりげなくメールで聞いた上で
仙台駅で駅弁を買って
新幹線の中から最寄り駅到着時間を伝えて
"特別なお掃除もご飯の用意も要らないからね。"
親の"いつもの生活"を、出来るだけ保つようにしました。
最寄り駅で待ち合わせ中に、ウチ用の横浜土産も買って、準備万端。

実家に居たのは、2時間程。
それでも、親は喜んでくれました。
はらこ飯は、"こんなん初めて知ったなぁ。珍しいなぁ。"
"秋保に美味しいおはぎのお店がある、言うてテレビでやっとったけれど
横浜に送れへんか?"
いやぁ、あれは無理やなぁ…。簡単なタッパ詰やし。
子供の写真は、"この孫だけ、飾る写真がないから、嬉しいなぁ。大きぅなったなぁ。"

仙台に、東北自動車道の中間点があることを話したら
"そしたら、横浜から仙台は、横浜から名古屋行くようなもんか?"
特に関西方面での勤務期間の長かった関西出身者にとっては
東海道新幹線に置き換えて考えると分かりやすいようです。
向こうの新幹線なら抵抗なく飛び乗るのですが、東北新幹線は勇気が要るらしいです。
世界50か国以上を仕事で行き来したのに、私事は違うのが不思議です。

父は、心臓にトラブルをかかえ
耳も遠くなり
母は、膝にトラブルが起きて
歩き難くなっており
それでも2人それぞれマイペースに暮らしている様子が
実家の中から察することが出来ました。

帰りは、最寄り駅のみどりの窓口で、割引券を使って2割引。
指定席がなくて、グリーン席になったので
結果的に、帰りに割引を使えて助かりました。
(片道分しか割引券を持っていませんでした)

c0252717_1951261.jpg

東京駅ではやぶさに乗ってみたら
最上級のグランクラス席まで満席。
最寄り駅で買っておいて良かった~。

c0252717_19573316.jpg

本当は、東京駅100周年記念品を買って帰りたかったのですが
残念ながら、販売場所と乗り換え口が遠くて
お酒を全く呑めないのに、キヨスクで100周年記念ビール(笑)

c0252717_203870.jpg

仙台駅で降りて、駅前のロフトのコーヒー屋さんで豆を買って日常に戻って。
その分、子供から
"帰ってくるのが遅い!"
と叱られてしまいました。

c0252717_2061244.jpg
c0252717_2061349.jpg

後日、親に無事疲れた様子はなく
中華街の老舗の月餅と
実家の庭に生えている夏みかんを送ってくれました。
どちらも私の大好物。
暖かい横浜らしく、ほったらかしでも
実がなります。

次に帰省するのはいつになるか分かりませんが
やはり、出来るだけ迎える方に負担をかけないように出来れば…と
思っています。

ほんま、いつになるやろ。
家族で、私の両親の出身地、明石や神戸も行ってみたいし。
[PR]
by bo-sun | 2014-12-28 19:22 | とってもお出かけ

おのくんが、やって来ました。

今日の朝一番に行ったイベント会場。
実は、東松島市の応急仮設住宅発"おのくん"がお目当てでした。

でも、昨日の朝一番で売り切れ。
イベント開始から3日で売り切れとは。

スタッフさんに聞いたら、ファックスでお願いすると、数ヶ月待ちだそう。

パンフレットをもらって、調べてみたら
子供の帰宅までに往復出来る場所。

先方に電話で確認して、行ってきました。

"小野駅前 応急仮設住宅"の番地をナビに入れて、道路マップとにらめっこしながら運転しました。
名前から、ある程度の線路を予想していましたが。

"え?ここ?"
まだ電車の路線が再開していない地域だったのでした。
かなりの衝撃を受けました。

c0252717_16255516.jpg

入口では、おのくんベンチ。

集会所ですが、仮設住宅に入ったのは、初めて。
今日は10℃を超えて暖かいですが、暑さ寒さが堪えそうです。
早くしっかりした造りの家に住めればいいなぁ…。

運良く"今日は沢山ある方なのよ"という中から
c0252717_16345011.jpg

お内裏様とお雛様?
ペアになりそうな子を里親にしました。
(おのくんを手に入れるための支援のことを、"里親になる"と言います。
サイズに関係なく、1つ1,000円です。)

サイトを見ていると、色々な所に連れて行って
景色と一緒に写っていたり。
ウチに来た子達は、お出掛け先で云々よりは
私の編物を見る日が多いでしょうね。
[PR]
by bo-sun | 2014-02-26 16:17 | とってもお出かけ

ご協力をよろしくお願いします。

あなたの私の海水浴場を松島湾の離島桂島に作ろう!「マイビーチ鬼ヶ浜」プロジェクト

2012年の夏、東北地方の太平洋側では、海水浴場が3か所しかありませんでした。
安全上の問題が主な要因です。

今年の夏、仙台から近いところに1か所、海水浴場が開かれる見通しです。
私の知人が、尽力しています。

2013年6月3日に、私が実際に浜辺を見学してきましたが
とても素敵なところです。

けれど、資金不足のため、簡易トイレやシャワー、脱衣所などの設置ができていません。
そこで、上のリンク先より、プロジェクトの支援をしていただきたいのです。

プロジェクト責任者の三浦勝治さんは、桂島に海水浴場をただ開くのでなく
海水浴場を開くことによって島内外との交流を生み
牡蠣養殖、海苔養殖以外の産業と雇用を作り出して
桂島を元気にしたいと活動なさっています。

桂島の方とお話をしましたが、とても優しくて
"海釣りをしたいんだけど、出来る場所が分からなくて"と言うと
桂島で釣れる魚の種類や、釣り道具屋さんのことなど
色々教えてくださいました。

そんな桂島のために。

どうかご協力をよろしくお願いします。
[PR]
by bo-sun | 2013-08-03 22:59 | とってもお出かけ

鬼ヶ浜、海開き!

今日は、私が応援している、鬼ヶ浜の海開き。
昨日のお天気がとても荒れていたので、入れるかな?と思いましたが
海を見るだけでもいいじゃない、楽しんで来ようよ、と、一家で行ってきました。

最初少しポツポツと降りましたが、薄日が差すくらい。
海に入れるし、私は肌の日焼け、目の日焼けもしないで済む
絶妙なお天気でした。

c0252717_18215054.jpg

神主さんに、祝詞をあげてもらい、お浄めをしてもらって。

c0252717_1822254.jpg

海へ、Go!
子供はもう、大興奮。

私はサンダルを履いたまま、波打ち際で貝殻を拾う位で泳がず。
あ、金づちで泳げないので、泳ぐ以前の問題でした。
子供を砂風呂に入れたり、浮かんでいた海藻を拾ったり
私なりに楽しみました。

彼は、一人鬼ヶ浜を歩き回って、探検して楽しんでいました。
う~ん。相変わらずマイペース。


一応、もしもの時のために、指輪を外してネックレスに通して
完全に素手の状態にしておきましたが、無事、何事もなく。
(整体の施術等、他人様の体に何かをする可能性のある時は
指輪は全て外しています。
金属が触れることで、余計な刺激を与えたくないからです。)

お昼は、予報では昼過ぎからお天気が荒れるということだったので
近くの元小学校の体育館で、みんなでご飯をいただき
初めてお会いした方とも仲良くなれました。
(結局、お天気はずっと穏やかでしたが)


c0252717_1835551.jpg

帰りのフェリーでは、カモメに餌付け。
カモメの口にご注目。
子供の投げたスナック菓子が、口に入る瞬間が撮れました。


帰りの車中では、"いい所だね~。また行きたいね~。"の連続。
今度は、釣竿を持って行って、海釣りを島のおじさんに教えてもらうつもりです♪

More
[PR]
by bo-sun | 2013-07-27 18:20 | とってもお出かけ

とってもすてきな鬼が浜。

来週からしばらく、出掛ける機会が減りそうなので
思い切って塩釜市の桂島まで行ってきました。

私の知り合いが
「元気な浦戸諸島を共創する会」を立ち上げて活動しています。

その活動の一環として
あなたの私の海水浴場を松島湾の離島桂島に作ろう!「マイビーチ鬼ヶ浜」プロジェクト
があるのですが
今年の夏、海水浴場として開放する目途がついたけれど
トイレ、シャワー、脱衣所、休憩所など最低限の設備のための資金が必要なのです。

活動を紹介するサイトのリンクを貼ることは出来ます。
でも、実際に現地を見ないで、ただリンクを貼るのは
本当に応援することになるの?
浜辺のお掃除のお手伝いもしていないのに?
完成した海水浴場を利用するだけの、いいとこ取りにならない?

今日は体調が良かったので、すご~く家事をがんばって、出来るだけ早く終わらせて
電車に飛び乗りました。

c0252717_20403535.jpg

秋保温泉近くのウチから、仙台駅で乗り換えて仙石線の本塩釜駅まで、1時間強。
フェリーの切符を買って、1時間半。
車で塩釜に行った時に比べて、随分と楽だったし
仙石線の車体が面白い♪

c0252717_20431447.jpg

フェリーは、塩竃市営。
仙台は、地下鉄が市営。
お土地柄が出ますね。

塩釜から15分ほどで、桂島に到着。
桂島のフェリー発着場の反対側に、鬼が浜があるのですが
発着場から歩いて10分ほど。
歩いて出会う島の人たちが、優しい♪

道路から砂浜に降りてみたら。
c0252717_20481783.jpg

意外な程の砂浜の広さ。

c0252717_20502823.jpg

さらに、波消しブロックつき。
安心して遊べそうです。

子供も喜びそうです。

c0252717_20565053.jpg

砂浜の端っこでは、ハマナスの他にも、ハマヒルガオが咲いていました。

画像には撮れていませんが、長い年月をかけて、波が地層を削ったところがあります。
ハマヒルガオも、浜辺で見られる植物。
中学生の時、学校行事でわざわざ泊りがけで見に行ったものが
鬼が浜にありました。

帰りたくな~い!
ここ、本当に海水浴場にした方がいいと思う!
みんなの浜辺に出来たらいいと思う!


フェリー発着場では、復興状況の視察をしに来た宮城県の国会議員と
案内の塩竃市職員のご一行とすれ違いました。
発着場の係員の人は
"支援してもらえるといいんですけどねぇ・・・"
何だか心配そう。

視察のためにわざわざ船を1艘用意して。
支援を受けたい側が、どれだけ心をくだき、用意をしているのか
国会議員さんは分かっているのでしょうか。


帰りのフェリーで、知り合いと一緒になりました。
色々と手続きがあるようで、お忙しそうです。

突然の見学を詫び、リンクを貼らせていただきたい旨を伝えて
了解いただきました。

知り合いの尽力が、実を結びますように。
本当に、実際に見て良かったです。
とっても素敵な鬼が浜でした。
[PR]
by bo-sun | 2013-06-03 21:43 | とってもお出かけ

血が騒いだ。

彼の同期で私の先輩の知人と、ウチ一家で、塩竃に行って来ました。
中卸市場へ行くと、新鮮なお魚や貝が沢山。
ご先祖さまからの血が騒ぐ、騒ぐ。

マグロは三浦漁港によく買いに行っていたから、マグロは目玉やカマなどの余り取れない部位を選び
今日は近海物や生ワカメに力を入れて選びました。

帰宅後に捌くのが楽しみ〜!

お昼ご飯の後は、塩竃神社へ。
おみくじは、心を穏やかになるように暮らしなさい、ですって。
気を付けます…。
[PR]
by bo-sun | 2012-11-17 16:30 | とってもお出かけ