今は、楽しめるね。多分。

c0252717_20144356.jpg

ピアノの楽譜を全て、マイバスケットに入れました。

高校2年生の時、1時間のレッスン時間を遥かに超えて
次の人が待っているのにも関わらず
恩師が音出しを助けて下さいました。

"違う!あなたはそんな音じゃない!"
何度も言われて
"なんで分かってくれないの?
誰もなんで、私の出すことを
分かってくれないの!?"
メロディーも頭から消え、叩き付けるように弾いた
ベートーベンの課題曲の一節。

弾き終えた時、恩師は
"あなた、なんて孤独なの!"
泣いて下さいました。

私は、"自分の音"という物を
初めて出したことが分かりました。
その上で
"自分の音を出すって、こんなにしんどいのか。
自分の音を1曲出し続けるのは、出来ないや。"

"ピアノを習い事にするのは、終ったな。"
とも思いました。
切りよく学年末までレッスンに通い
終了日をもって、ピアノに触らなくなりました。

自分を出す場は、ここじゃない。

それから20年以上。
"自分の体に合わせて製図して編んだ物を着たい"という夢が出来て
書くことが好きなのが分かって来ました。

趣味として、軽い気持ちで弾くのも
悪くないよなぁ…と
思えるようになりました。
歌手でなくても、カラオケボックスで歌って楽しむように。

子供のための電子ピアノが届くのは、もうすぐ。
今は、楽しめるね。多分。
[PR]
by bo-sun | 2015-03-13 19:57 | その他趣味
<< 平和な日。 ペアが揃いました。 >>