リトライ。

c0252717_20433316.jpg

編物教室で、課題のチェックをしていただきました。
"あれ?帽子大きすぎない?"
あぁ、アイロンかけ、失敗しちゃったかなぁ。

"編み方そのものを見せて頂戴。"
すると。
"あなた、編み方は正しいけれど、手がとても緩かったのね。"
私の編み地と先生の編み地。
住宅リフォーム番組"ビフォアアフター"のような
"なんという事でしょう!"

針の号数は変えず、緩い編み方を矯正する事になりました。
当然、帽子は編み直し。
お教室の時間内に、全てほどきました。
リトライです。

本来の宿題の、実物大型紙もチェックと解説、補整していただきました。
忘れないうちに、今日中に書き直して
解説をノートに残しておこう。

お教室の最後に、これから家ですることを
先生と一緒に整理をして、やる気満々。
ベスト用のゲージ取りと、帽子の編み直し。
"よし、やろう!負けねぇ!"
先生に少しびっくりされてしまいました。

負けねぇ!って…。
それも、趣味のお教室で、ねぇ。
こんな言葉、会社勤め時代以来かもしれません。
はい。すご~く負けず嫌いです。
[PR]
by bo-sun | 2015-03-10 20:27 | 編物・縫い物
<< どうか、やすらかに。 来ました!ありがとう! >>