連絡、れんらく。

c0252717_11593884.jpg

スマホを持って居ますが
自分からの通話は家の電話を使います。
特に、実家へは。
10分を超えると、高額課金され
通話時間を一々考えたりするのが嫌で。

今日は、楽譜を送ってもらうための連絡。
ツェルニー40番で指の練習。
バッハ、モーツァルト、ベートーベンでお楽しみ。
これでレターパックを使えば、300円の方で足りるだろうな、と。

子供は、初音ミクの曲を弾きたいそうで、これから初心者用の楽譜を探す予定ですが
私も、昔の楽譜を読んで、電子ピアノが届くのを楽もうかなぁ。

安物でも、折角ですもの。
使わないともったいないですよね。

実家では、これから親子で音楽に親しめそうなのを
喜んで居ました。
喜ぶ割には、音楽を聴かないんですが。

恩師は昔、姉から実家の様子を聞いて
"全く聴かないのに曲を弾ける"事に、驚いていました。
実家も最低限のニュース以外は、テレビをつけない
オーディオ機器があっても、今のウチ以上に音楽を聴かない。

親としては、単身赴任家庭、子供3人と犬1匹で、充分音に囲まれたでしょうから。
しかも、一番下の私は
"生傷絶えず、縫うような怪我もかなり。"
近くのかかりつけ医が、外科も出来て良かったと
しみじみ言っていた位なので
"音楽を聴いて一息なんて、無理!"
だったことでしょう。

感情を込める云々は、私には無理。
誰かの演奏を聴いて感じたりする事が無かったので。
"譜面に忠実に弾く"だけだったなぁ。

今も、あんまり変わらないなぁ。

3月9日14:50 追記

実家から折り返しの連絡が来ました。
ツェルニー30番、40番
バッハだけで4冊、その他ソナチネ、ソナタ
厚さ10センチを超える高さになって
"我が子達は、これだけ弾いて来たのか"と
懐かしみながら荷物を作って発送してくれたようです。
私の12年分に、姉の数年に。

"音楽センス無いわね。
リズム感はあるから、パーカッションにしたら?"
と恩師から言われ
自分でもピアノで語れないと分かっていても
無器用に、真面目に。
バッハのうちの1冊はボロボロで
1枚無くなっているそうで
"同じのは、古本屋にあるのかな。"
"あの子は、バッハが好きだったね。よく練習していたね。"と考えながら
ビニール袋に入れて発送したそうです。

無いままで、良いんです。
1人で1か月かけて、恩師の指導無しに仕上げた、唯一の曲。
その記憶と記録がありますから。
[PR]
by bo-sun | 2015-03-09 11:40 | その他趣味
<< 仕上げのアイロンかけ。 考えた末に。 >>