彼の見立て。

c0252717_21361798.jpg

卒業式、入学式。
どうしましょ。私の服。
そんなにスーツを着る生活ではないし。

そんな私に、彼の助け船。
センス無し、貧乏性、日本のメーカーの服が着られない私に
彼が見立ててくれました。

彼の計画?は
"スーツは同じで、中を替えよう。"
卒業式には、手持ちの白いシャツ。
入学式以降に着られる物を探しました。

以前、"KEITH"というメーカーの服なら
着られたので
そこから、春~夏に着られそうな物を。

最初、お店の人から鮮やかなピンクを出された時には
私はビックリして動けず…。
値札を見て、もっと動けず…。
着回ししやすそうな色を出してもらうには
やはり、もう一人居て
"この色はなぁ…。"
と、意見を言ってもらえると、助かります。

21年ぶりのKEITH。
色合いやデザインが変わっていましたが
身体に合うものがあってホッとしました。

いつか、自分で編んだ物で
フォーマルに着られれば良いなぁ。
[PR]
by bo-sun | 2015-03-06 21:03 | お買い物
<< 春の準備。 考え過ぎてショート。 >>