オタマジャクシの親はカエル。

子供の学校行事、卒業前の懇談会の様子が
とても面白くて。

子供の居たクラスは、学年の中でも
"個性派揃い"なのだそうです。

担任の先生も、学年主任の先生も、他の保護者さんも
色々あった様子です。

私は、自分と子供の体調を整えるので手一杯なのと
子供がいつも仲良くしてくれる方以外の人と
余り交流がないと話して居たので
クラスのどなたがどうなのか
子供が話す以外に敢えて聞こうとも思わず
過ごして居ました。

とはいえ、学年主任の先生と面談の時間を設けていただいた
第1号だったそうなのですが。

学年主任の先生とは、子供の事は勿論お話しましたが
私自身の事もポツリポツリお話させていただきました。
2つの資料と共に。
うち1つは、子供の話から
"現場が大変!早く情報を提供して差し上げなくては。"と
夕飯後から明け方4時近くまでかけて
A4で7枚の物を作りました。
後進の方のご参考になると、幸いです。

今日になって、クラスの保護者さんを拝見する余裕が出来て
"個性派揃い"だなぁ…と。
プレゼン力の素晴らしい方
教育に対してとても熱意があり
ボランティアとして先生方を応援なさった方々。
私は、表舞台が本当に苦手で、裏方が好きなので
こんな素敵な方々がいらしたのか、と
初めて知りました。
遅きに失したような気もしますが…。

子供に話すと、誰の保護者さんなのか
すぐに分かった様子。
"個性派揃いの親も個性派だねぇ。"と話すと
"オタマジャクシの親はカエルだね。"
なるほど。
言い得て妙だなぁ。

オタマジャクシ達は、カエルのようになるのかなぁ…。
子供は彼と似ているので、私とは違うカエルになりそうです。
でも、彼は私以上に裏方好き。

学年主任の先生から
"ご主人のお話が聞きたいです。"
と言われて、彼に伝えても
"俺、話すことが無いよ…。"
彼は、引き出しを沢山持っているけれど
開け方に戸惑う質なのです。
彼に対しては、家庭内の細かい事でも
"待つ"ようにしています。
学年主任の先生には申し訳ないのですが
今回は、開けないようです。
同じ父親としての考えを聞きたかったかと思いますが
私でも、これ以上は無理なのです。
[PR]
by bo-sun | 2015-03-04 23:13 | 家族
<< 休養日。 お食後のデザート。 >>