家族である故の悩み?

行人
夏目漱石 著

読み終わりました。
宿題が終わった時のように
気持ち良く眠れそうです(笑)

高校時代以来ですから
当時の倍以上の年齢。

高校生、甥が生まれたばかり
姉の帰省を迎える妹の立場から
長男の嫁、自分も子供を産み
義兄、義姉、義妹、義弟と関わる立場になりました。

中盤、肌に痛い位の、家族の関係。
微妙なんだよねぇ。色々。
なんて思いながら、読みました。

結局。
最後は何故、主人公ではなく、Hさんの筆なのか。

家族は、近すぎるのではないでしょうか。

"家族だから、自分の事を全て出して良い"
とは、私は思えないのです。
家族が楽しい気持ちで過ごしてもらいたいし
その為に、家を離れて時間をとる事もあります。

そして、もし彼や子供がずっと塞ぎこんでいたならば
私も気になり、彼や子供を客観的に見られません。
自分の至らない事をあれこれ考えたり、何が悪いのか、考えるでしょう。

最終盤。
"自分が幸福でないものに、他を幸福にする力がある筈がありません。"
Hさんのこの一言は、家族ではなく
俯瞰出来る立場だから観察・分析し、表現出来る事ではないかな、と思います。

この一言の為に、夏目漱石は書いて居たのかなぁ…。
夏目漱石自身、家族との関係に苦しんだのかなぁ…。
そんな事を考えました。

気持ち良く眠れそうだけれど
一言がドッシリと来ました。
[PR]
by bo-sun | 2015-02-21 01:48 | その他趣味
<< 見目形、良くしようと言われても。 歯科定期検診。 >>