懐かしい距離感。

c0252717_10433410.jpg

高校生以来の本。
"行人" 夏目漱石 著

火曜日から読み始めて、1/3読んだ所です。

何ていうか、実家と雰囲気が似ている感じがします。
戦前生まれの、封建的な考え方も持つ親と
それに従って暮らしていた私達兄弟。

居間のような、家族の共有空間では
服を着て、不必要な肌の露出は避けなさい、と
暗に言われたり。

兄から
"親しき仲にも礼儀あり。家族でも気を付けなさい。"
と、注意されたり。

兄の着替える所を見たことがなかったり。
兄も、"着替えるから、部屋を出ろ。"
私もそれを当たり前と思い、扉の前で待っていたり。

上から2番目の兄(長男)の発言権が高かったり。

兄弟、義兄弟の距離感。

二十歳の時に、私のもとに来た見合い話。
余りに男性との交流が見られない様子に、親が心配して話をくれたのですが
お相手の写真もありませんでした。
"一週間、お見合いをするか、考えなさい。
お見合いをしたら、そのまま結婚が決まります。
お見合いをした後に、お断りすることは出来ません。"

"あぁ、懐かしいなぁ…。"
と、読んでいて思う事が多いです。

彼に話すと、驚かれます。
家族なのによそよそしい、と受け取れるようです。

そうは言っても、今の私が
プライベートで男性とお会いする事は
ありません。
彼の同期、私の先輩に当たる共通の知人へ
私が彼に事前通告無しにお会いする事も連絡する事も
私達2人の間ではNGです。

学校のこと等、公的な事でも
事前説明、または事後報告。

だから、"男友達"、特に現実社会で会うような人は、数人。
それも、彼というフィルターを通しているように思います。

私の実家に驚く彼もまた、封建的な文化で育っているのです。
こちらは、土地柄の要素が大きいです。

実家では、家族のフィルター
今は、彼のフィルター
自分や家族が安全に暮らす事を考えると
私に多少の行動制約があったとしても、それで今は良いと思っています。

私は器用な質ではありませんし
姉のような社交性も、立回りの上手さもありません。
月に1回通院し、再度病気療養にならないことが目標の、低空飛行生活でもあります。
それを一番分かってくれる人が、側に居るのですから。

さて、これから話はどうなるのかなぁ。
高校同期は、終り方に違和感を覚えた、と。

私は、どう捉えるかなぁ。
[PR]
by bo-sun | 2015-02-19 10:43 | その他趣味
<< 一緒にやってみよう。 区別が付かなくなって来ました。 >>