支援になる程ではありませんが。

c0252717_21483344.jpg

女川町の、女川フィッシュ。
買った当時と比べると、全体的に色が変わって、いい味が出ています。

c0252717_2150882.jpg

陸前小野の、おのくん人形。
チビおのくんは、一緒にでかけたりします。

c0252717_21504247.jpg

c0252717_2150558.jpg

気仙沼市の、帆布の小物と桑の葉茶。

それに、塩竈市桂島の、海苔。

仙台に来てから、少しずつ
沿岸部で震災後に作られた物が増えています。

桑の葉茶と海苔以外は、どれも一点物。
全く同じ物はありません。

でも、共通するのは
作り手さんが、全員仮設住宅暮らしであること。
震災で住まいやそれまでの職を失った方が、作られていること。

私が買うのは、僅かです。
支援になっているか、あやしい位。

でも、出会ったら小物でもいいから
買える物を選んで
物によっては、季節の挨拶に使わせて貰ったりしています。

今日出会ったのは、気仙沼市の方と物。
津波に遭って、目の前で仲間が命を失った方が
今ある命をいかそうと、懸命になっている姿。
"笑顔"という仮面に、真の想いを隠して
体験を語る姿は、聞いていて痛かったです。
でも、話さないと居られない。
私が聞く痛みで背を背けてしまったら
話す先を失うその方は、もっと痛いでしょう。

聞く事しか出来ませんが
仙台に居ながら、今日、気仙沼の話を聞けて良かったです。
[PR]
by bo-sun | 2015-02-17 21:47 | お買い物
<< 区別が付かなくなって来ました。 新たな敏感肌体質発覚。 >>