新たな敏感肌体質発覚。

12月の帰省時。
母が開口一番
"その口の上の所、どうしたの?黒いじゃない。"

今日、ちふれ化粧品のブースに行ったら
"皮膚科を受診した方が良いと思いますよ。"

皮膚科に行ったら
"体質ですねぇ。
残念ながら、対処方法が確立されていないんですよ。
以前も、他の場所で起きましたよね。"

c0252717_20143012.jpg

早速受診して、新たな敏感肌体質が分かりました。
摩擦によって、黒い色素が沈着しやすい体質なのだそうです。

c0252717_20213489.jpg

3か月、色素沈着を薄くする処方をして貰って
試すことになりました。
服薬と塗り薬。
人によって差があって、3か月試しても薄くならなければ
コンシーラーで隠すしかないそうです。


そもそも、自分が、敏感肌だと知ったのは、30歳の時。

それまで、ファンデーションを塗ると
1時間で顔全体がピリピリと痛くなっていました。
"みんな、この痛みに耐えて毎日お化粧しているんだ。
女性って大変だなぁ…。"
なんて思っていました。
高校卒業後12年ほど。
資生堂、花王、カネボウ等、華々しいコマーシャルをしている所は
全て痛いのです。
資生堂の敏感肌用化粧品、"dプログラム"も、痛くなりました。

偶然、韮崎のドラッグストアに居た店員さんが教えてくれました。
"それ、敏感肌ですよ。
ファンデーションは、塗って痛くない物です。"

エビアンのお化粧品は、肌に痛くなかったけれど、お財布に痛いので
子供用の石鹸で落とせる日焼け止め。

ある時、小耳にはさんだちふれ化粧品をおそるおそる試してみたら。
お。痛くない。
以来、ちふれ化粧品を使っています。

色素沈着したところを隠したいし、何かあるかなぁ…。
という事で、ブースで相談、皮膚科受診となった訳ですが。
ブースの人も、私の敏感肌ぶりにドキドキしている様子でした。

BBクリームを塗ると、肌が突っ張ると思っていたら
"それは肌が乾燥しがちだからです。
お化粧水とBBクリームの組み合わせよりも
お化粧水、美容液、下地、ファンデーションの組み合わせの方が
乾燥を防げますよ。"
2層よりも4層。確かに。

c0252717_18454980.jpg

ブースで試させてもらって
下地代わりの、紫外線吸収剤無配合の日焼け止め(その方が肌への負担が少ないらしい)
乾燥した肌に合うファンデーションと、口元用のコンシーラー
新色のチークを買いました。

化粧崩れしにくく、夏場も使える物も、同じ値段でありましたが
試した物の方が安心して使えるので
夏場に化粧崩れしたら、どうすれば良いのか聞いた上で決めました。
("化粧直しをして下さい。"単純でした。)

子供も、そろそろ洗顔料を使い始める頃。
私の人体実験!?のお陰で、親子揃ってちふれ派になりそうです。
刺激があるのが分かっていては、薦められませんから。

さて、久々にメイク落とし用クリームの出番だなぁ。
[PR]
by bo-sun | 2015-02-17 18:45 | 健康
<< 支援になる程ではありませんが。 今日の親子迷言集。 >>