歌っていいな。

"家族以外の全く知らない他人の声を、余り自宅内で聞きたくない。"
という好みがあるので、私は余りテレビやラジオをつけません。

ニュース以外は、大抵気になる番組を録画して観ます。
夕方になって、"あ、今日はテレビをつけて居なかったなぁ。"と思いながら
6時の県内ニュース、7時の全国ニュースを見る日も。

車では、主に槇原敬之さんのCD。
時々、Cobaさん。

そんな偏りはありますが、今日は一家で
大歌声大会。
演歌、1980年代~つい最近まで。
タッチなんて、誰よ? -> 彼
天城越えなんて、誰よ? -> 私
それ何? -> 子供
んま~。色々。

考えてみると、結構歌えるもんだねぇ。
みんなでそんなことを話ながらの
"とにかく歌っちゃえ。"
音が外れたって、お構い無し。

大声を出したので、久々に心地よい肉体疲労を感じています。
彼なんて、お夕飯食べた後、自然に寝ているし。

歌って、いいですね。
特別なお道具も要らないし。
自分の体が道具。
シンプルですね。

でも、歌手の方は大変だろうなぁ。
歌に色々な事を乗せるのだもの。
例えば、一青窈さんのハナミズキ、歌詞を読むと
片想いの相手の幸せを願う歌なんじゃ?
これ、実は切ない歌かも?
それなら、歌い方全然変わってこない?
結婚式で歌ったら、哀愁漂っちゃうよ?

彼、"個人的なお楽しみで、そこまで深読みしなくていいから。"
あ、そうでした。
[PR]
by bo-sun | 2015-01-31 20:03 | 家族
<< 手探り。 サクサク、快適。 >>