親不知抜歯ダイエット。

去年の9月に、左下の一番奥が、虫歯になりました。
ドリルで削ったら膿が飛び出して、先生が少しびっくりなさっていました。
痛みを訴えたとはいえ、そこまで内圧がかかっていたとは思わなかったようです。

何しろ、子供の出産の時も、最後まで普通に会話が出来た位の
痛みに強い(鈍感?)な体質なもので。

何回かの治療もむなしく、鎮痛剤を飲んでも痛みで眠れなくなったので、抜歯。
これが痛くて。

やれやれ、と思っていたら。
更に奥の親不知が、歯茎から出てきてしまいました。
親不知は、人によって有る無し、方向が違うそうです。
私の場合、下に左右2本、どちらも前方向に生えています。

物を噛むのに不都合な生え方で、しかも中途半端に歯茎から出て
時々痛みがある。

抜いた方が良いですね。
"難抜歯"という部類に入りますから、大学病院を紹介しますよ。
歯医者さんに勧められて、大学病院で抜歯をしました。

"インフォームド・コンセント"なのか
その先生が親切な方なのか
説明はとても分かりやすくて丁寧。
でも
"稀に歯茎の中に空気が入って、自然に抜けていくまで入院してもらうことがあります。ただし、数年に1人位ですよ。"
という説明に、びっくり。
え?どうしよう。
入院になったら、彼は?子供は?
宮城県に親戚が居ないので、自分達でどうにかしないといけません。

おっかなびっくりで迎えた、抜歯日。
予約時間より40分も早く着くわ、病院の中で迷子になるわ。
動揺しまくりです。

フレッシュな歯学部6年生が、実習でサポートに入りました。
先生が、学生さんに解説をしながら処置が進みます。

"へぇ~。"と思いながら治療を受けていましたが
寝不足で行ったらからか、なんと初めて貧血。
思春期ならいざ知らず、学生さんの倍位の年齢で、初の貧血。
恥ずかしい~。

"先生、気持ち悪いのと、末端が…"と訴えて
血中酸素濃度が低くなっている事を知らせて
診察台がまっ平らに。
貧血が治まるまで、一時中断。
お忙しいのに、申し訳ないです。

5分程の中断の後、残りの処置をして
無事入院する事なく、終わりました。
1時間弱。
もう、本当にホッとしました。

麻酔薬は少な目で済んだそうですが
抜歯直後は、余り痛みを感じませんでした。
鎮痛剤も、2回飲むだけで済みました。

が、流石に難抜歯。
メスで切開
脱臼と同じ原理で抜歯(それだからか、他の歯と根っこの形が違いました)
縫合
という手順。
腫れます。
しかも、冷やすのは抜歯当日だけ。

口を開けられません。
物を噛みづらいです。
腫れからの痛みが続きます。
一番腫れた抜歯の次の日は、まるで、お正月のお多福みたい。

お陰で、ご飯をいただく時はゆっくり。
量も少なくなります。
栃尾のあぶらげは、そのままでは口に入らないので、一きれだけ。他の家族に食べてもらいました。
特に、ひとりでいただくお昼ご飯は、ゼリー状のパックだけ。

あとは、縫った所が出来るだけ清潔に保たれるように、うがいを繰り返します。

これは、親不知抜歯ダイエットと名付けたくなります。
これで、胃が少しだけ小さくなると良いなぁ。
もう、いつも食べちゃって食べちゃって。
[PR]
by bo-sun | 2015-01-22 16:38 | 健康
<< 色々な温度差。 買って良かった、買わなくて良かった。 >>