1年1か月ぶりの編物教室。

今日は、今年最初の編物教室。

私の教室のレッスン再開も、今日から。
c0252717_17395675.jpg

早めに着いたので、近くの自家焙煎のコーヒー屋さんで一息ついてから
教室に。

懐かしい顔、はじめましての顔。
あっという間でした。

編物教室、私は相変わらず一番の若手で。
それでも、明野の女性部も昭和2桁が若手の方で
私は断トツの若手でしたから
違和感なく。

棒針編みの入門コースの途中で中断してしまっていて
どこまでだったのか忘れてしまっていたので
課題作品のうち、出来上がっていたものをほとんど全て持って行きました。

かぎ針編みの時は、余りに課題作品を自宅で作り過ぎたので
今回の棒針編みは、教室で編んでいるところをチェックするようにと
本部からお知らせが来たそう。

次回は、アーガイル模様(トランプのダイヤの模様)のベストの型紙起こし。
家での宿題は、私の体に合った型紙を書いて来ること。
それが出来たら、模造紙に実物大型紙を書いて
ベストを編み始めます。

洋裁を習った母は、型紙を書いて体に合った服を作ってくれました。
私も、折角編むのなら、体に合った物を編めるといいなぁ…と思っています。
でも、かぎ針編みの時に習った、型紙の書き方を忘れています。

またテキストを読んで型紙を書くところから、やり直しです。

先生も
"書けば書くほど覚えるから、沢山書きなさい。"
既製服が入りにくい体型には、欠かせない作業です。
補正が必要な体型なので、応用を覚えやすいと思えば
気が楽になるかなぁ。

かぎ針編みの時に、型紙の書き方を練習したら
知恵熱を出しました。
明日は、定期的に通院している日でもありますから
そんなに色々は出来ません。

今回は、出来るだけ無理なくやろうと思います。
入門コース2作品の後は、講師養成コースで更に作りますし。

目指せ、広瀬光治作品(ウキウキ)
掲載本で指定された毛糸は持っているので
コース卒業後に型紙を起こして自分用のサマーセーターを編むのが夢です。
[PR]
by bo-sun | 2015-01-13 17:37 | 編物・縫い物
<< おそらく、今日判明。 やっとのんびり、連休最終日。 >>