5年4か月ぶりに帰省。

c0252717_19253764.jpg

今月はじめ。
子供を学校に送り出し
彼が元気そうなのを確認して
仙台駅屋上駐車場へ車を走らせました。
5年4か月ぶりに、1人で帰省です。

前回、明野時代に家族で1泊2日の帰省をしたら
親が疲れてしまったそうなので
気を遣わせず、時間を余り考えずに済むように
身軽な1人の移動としました。
臨時収入が、1人の往復分しかなかったこともありますが(苦笑)

とはいえ、そこそこの長距離なので
子供には、もしものためにケータイを学校に持たせ
学校には、緊急連絡先がその日だけ変更になる旨を伝えておきました。

c0252717_19332593.jpg

時間がギリギリなので、みどりの窓口に並んでいられず自動券売機を利用。
自動券売機で新幹線指定席まで買えることに、ちょっと感慨深くなりました。

c0252717_19355682.jpg

横浜市内にある実家。
最寄り駅で一番階段に近い乗り場、覚えているものですね。

親の様子をさりげなくメールで聞いた上で
仙台駅で駅弁を買って
新幹線の中から最寄り駅到着時間を伝えて
"特別なお掃除もご飯の用意も要らないからね。"
親の"いつもの生活"を、出来るだけ保つようにしました。
最寄り駅で待ち合わせ中に、ウチ用の横浜土産も買って、準備万端。

実家に居たのは、2時間程。
それでも、親は喜んでくれました。
はらこ飯は、"こんなん初めて知ったなぁ。珍しいなぁ。"
"秋保に美味しいおはぎのお店がある、言うてテレビでやっとったけれど
横浜に送れへんか?"
いやぁ、あれは無理やなぁ…。簡単なタッパ詰やし。
子供の写真は、"この孫だけ、飾る写真がないから、嬉しいなぁ。大きぅなったなぁ。"

仙台に、東北自動車道の中間点があることを話したら
"そしたら、横浜から仙台は、横浜から名古屋行くようなもんか?"
特に関西方面での勤務期間の長かった関西出身者にとっては
東海道新幹線に置き換えて考えると分かりやすいようです。
向こうの新幹線なら抵抗なく飛び乗るのですが、東北新幹線は勇気が要るらしいです。
世界50か国以上を仕事で行き来したのに、私事は違うのが不思議です。

父は、心臓にトラブルをかかえ
耳も遠くなり
母は、膝にトラブルが起きて
歩き難くなっており
それでも2人それぞれマイペースに暮らしている様子が
実家の中から察することが出来ました。

帰りは、最寄り駅のみどりの窓口で、割引券を使って2割引。
指定席がなくて、グリーン席になったので
結果的に、帰りに割引を使えて助かりました。
(片道分しか割引券を持っていませんでした)

c0252717_1951261.jpg

東京駅ではやぶさに乗ってみたら
最上級のグランクラス席まで満席。
最寄り駅で買っておいて良かった~。

c0252717_19573316.jpg

本当は、東京駅100周年記念品を買って帰りたかったのですが
残念ながら、販売場所と乗り換え口が遠くて
お酒を全く呑めないのに、キヨスクで100周年記念ビール(笑)

c0252717_203870.jpg

仙台駅で降りて、駅前のロフトのコーヒー屋さんで豆を買って日常に戻って。
その分、子供から
"帰ってくるのが遅い!"
と叱られてしまいました。

c0252717_2061244.jpg
c0252717_2061349.jpg

後日、親に無事疲れた様子はなく
中華街の老舗の月餅と
実家の庭に生えている夏みかんを送ってくれました。
どちらも私の大好物。
暖かい横浜らしく、ほったらかしでも
実がなります。

次に帰省するのはいつになるか分かりませんが
やはり、出来るだけ迎える方に負担をかけないように出来れば…と
思っています。

ほんま、いつになるやろ。
家族で、私の両親の出身地、明石や神戸も行ってみたいし。
[PR]
by bo-sun | 2014-12-28 19:22 | とってもお出かけ
<< のんびり年越し。 昨日の続きの完成。 >>