3年ぶりの梅干の仕込み。その44(無事完成しました)

c0252717_925287.jpg

ようやく、無事に3日3晩の土用干しが終わりました。
梅干の出来上がりです。
終わりよければ…といいますか
干しが良かった分、今までになくいい出来になりました。

露天ではないので、"朝露のおこぼれを浴びた感じ"、というのが適しているでしょうか。
乾いているけれど、何となくしっとり感があるように思います。
露天だと、乾きとしっとり感が、絶妙に合わさった粒になります。

c0252717_9291018.jpg
c0252717_9292980.jpg

朝日を浴びた梅に、程よく冷めた梅酢。

それぞれ取り込みました。

c0252717_9312575.jpg

梅干は、4.5リットル入りの密閉袋に半分ほど。
元が4キロの完熟梅から、随分とかさが減りました。

c0252717_9343626.jpg

梅酢は、またきれいな紅い色になりました。
お味見をしたら、酸っぱい!
途中から、3年前に仕込んだ時に出来た、味がまろやかになった梅酢を使って漬けたのに
また味がとんがっているようになりました。
味が3年分戻ったみたいです。
干している間に、何が樽の中で起きたのでしょう?

後は、ネットと樽を洗って、干しておしまいです。

今年の梅干は、無事に終わりました。
この出来上がり量だと、来年もまた漬けることになるかもしれません。
来年は念のために、生協の宅配で梅酢を買って、いざというときのために備えておこうかと思います。

今年のようなトラブルが起きたら…と考えると、折角の梅酢を使えませんから。
[PR]
by bo-sun | 2014-07-29 09:25 | 台所仕事
<< 暑い日には、浸し豆。 3年ぶりの梅干の仕込み。その4... >>