3年ぶりの梅干の仕込み。その13(早めに対処)

c0252717_10464096.jpg

梅雨時、普段のお台所仕事でも、衛生面に気を遣いますよね。

今朝、紙蓋を開けたら、重石の上に小蝿が入っていました。
あと、赤シソが水面に少しだけ出てきていました。

酸いた香りは減ってきたけれど、まだまだ香りが高いです。
呼ばれるように、紙蓋の隙間から入って来たのでしょう。

エタノール消毒した手で、小蝿とシソの葉を取り除きました。
理想は、梅もシソも、全て梅酢に漬かっていること。
少しのシソのために、重石を動かしたりするよりも、シソを取り除いた方が
全体にとっては良い状態を保てると考えました。

用事があって、慌ただしい朝だったけれど、梅と顔を会わせて良かったです。
[PR]
by bo-sun | 2014-07-02 10:45 | 台所仕事
<< 3年ぶりの梅干の仕込み。その1... 3年ぶりの梅干の仕込み。その1... >>