3年ぶりの梅干の仕込み。その10(赤シソ追加)

10日目が、一番塩がこなれているそうです。
また、今日は6月下旬。
赤シソを入れたら、上手く馴染みそうです。

c0252717_10451091.jpg

シソは、市販の物を利用しました。
4キロ漬けたので、4パックが理想ですが、少なくてもまぁまぁ色が付きます。

c0252717_10462387.jpg

樽の重石と中蓋を開けると、塩漬けの梅が出てきました。
赤シソを使わない場合は、この状態で食べられます。

c0252717_10481710.jpg

1粒取り出してみたら、皮にまだ硬さがありますが、中身は程よく柔らかく、実も白梅酢に取られ過ぎず、丁度いい具合に残っていました。

c0252717_10521564.jpg

樽の表面に、ぎっしりとシソを詰めます。
もう白梅酢が紅く染まり始めました。

c0252717_1054627.jpg

また、中蓋、重石をして、梅が2~3センチ以上浸かっているようにします。
足りなければ、取置きした白梅酢を足します。

最後に、紙蓋をして、今日の作業はおしまいです。

取り出した1粒の梅、皮は硬くても、中のしっとり感が美味しくて、くせになりそう。
漬け上がりが楽しみです。
[PR]
by bo-sun | 2014-06-29 10:42 | 台所仕事
<< 3年ぶりの梅干の仕込み。その1... 3年ぶりの梅干の仕込み。その9... >>