早すぎですか…?

c0252717_1554512.jpg

昨日の新聞で、"エンディングノート"に関する記事が取り上げられていました。

c0252717_15551735.jpg

先日読んだ本の印象が強烈で、自分自身はどうするか、考えようとしていたところだったので
新聞記事を、興味深く読みました。

"僕の死に方" 金子哲雄 著
40歳で
"末期症状で、今亡くなってもおかしくない"
と宣告されてから
亡くなる前日に書いた、自身のお葬式の挨拶文までの約500日
全て本人の手による記録。

遺言書のことは、ファイナンシャルプランナーの勉強で軽く読んだけれど
その前段階でも、意思表示が必要なことが出てくるのが
とても身近に感じられました。

新聞には
"普通のノートに自分で項目を決めて書いて構わない"
とあったのですが
一人では中々思い浮かびません。
新聞で紹介されたエンディングノートセミナーには、日程上参加出来ないし。

c0252717_1692617.jpg

本屋さんで、安くて一番書きやすそうな物を選んで買ってきました。
エンディングノートと、公的に有効な遺言書を作れるセットもありましたが
自筆証書遺言書は、形式が整っていれば、普通の便箋と封筒でもいいので、手軽さを選びました。

私の祖父母は、共に41歳で他界。
学生時代の先輩は、小さなお子さんと伴侶を残して
体調不良を訴えて病院を受診してから1週間で他界。

そろそろ祖父母の年に近づいていることもあり
書けるところからやってみようと思います。
このブログも、エンディングノートの記入対象です。
[PR]
by bo-sun | 2014-06-23 15:50 | 雑記
<< 3年ぶりの梅干の仕込み。その6... おからドーナッツ(小麦粉不使用) >>