3年ぶりの梅干の仕込み。その2。

仕込みその1に続き、梅干の仕込み当日です。

まずは、梅の熟し具合を確認します。
c0252717_12501396.jpg

画像中央、赤味がかった黄色の実。
こういう物が多ければ、漬け時と判断しています。

c0252717_12501898.jpg

重石を熱湯消毒し、自然乾燥します。
c0252717_12502654.jpg

重石を取り出した後の熱湯を、樽にもかけて、樽や中蓋も熱湯消毒、自然乾燥します。
(乾燥を待つ間に、お洗濯とお夕飯の仕込みをしました。)

自然乾燥が出来たら、重石、樽、中蓋、ボール2つをホワイトリカーでエタノール消毒します。
c0252717_12511234.jpg

ボールのうち1つは、前日に取り置きしたお塩と氷砂糖を入れて、均等に混ぜておきます。

もう1つのボールは、梅の消毒に使います。
ホワイトリカーは捨てず、このボールに入れておきます。
c0252717_12504764.jpg

流水で洗った梅を拭くためのお布巾、ヘタを取るための竹串を用意し
使う物全てを机の上に揃えて、足りないものがないか、確認します。
画像手前左側、ステンレスのボールに、ホワイトリカーが入っています。

次はいよいよ、樽に漬けるための作業です。
[PR]
by bo-sun | 2014-06-21 13:13 | 台所仕事
<< 3年ぶりの梅干の仕込み。その3。 3年ぶりの梅干の仕込み。その1。 >>