3年ぶりの梅干の仕込み。その1。

ウチの梅干が減ってきたので、3年ぶりにこしらえることにしました。
今年は4キロ。

2キロ以上を漬けると、梅酢が上がりやすく、カビにくいと言われています。
梅が梅酢の中に浸っているのを見ると
"カビにくくなっているなぁ・・・"と思って、安心します。

生協の宅配で、神奈川県小田原市曽我の梅林の南高梅を買いました。
c0252717_12325385.jpg

届いた時には、ビニール袋の中で汗をかいているし、まだ青味がかっていたので
風通しのいい所に置いて、追熟させます。

c0252717_12373512.jpg

全体的に黄色味がかってきて、赤味がかって生で食べられる位熟した実が出てきたら、漬け時。

c0252717_12364057.jpg

c0252717_12365826.jpg

前日に、重石が何キロあって、漬けるのに足りる重さか確認し
(梅の重さの1~1.5倍。今年は6キロ)
梅の13%の重さのお塩と氷砂糖を、タッパーに取り置きしておきます。

重石は、梅酢の上がり方を見て後で減らすので
重さ別に数個に分けてあります。

その2は、当日です。
[PR]
by bo-sun | 2014-06-21 12:50 | 台所仕事
<< 3年ぶりの梅干の仕込み。その2。 お世話さまです。 >>