新たな古典。

c0252717_19102045.jpg

大好きな源氏物語。
仙台市文学館の"源氏物語に親しむ"という講座を受講出来ることになったので
新たに谷崎潤一郎の現代語訳を古本屋さんで買いました。
これで5人目。
同じ原文なのに、訳者よってかなり表現が変わるのが面白くて
ついつい集めてしまいます。

さて、そんな源氏物語だらけの中に
新たな古典文学の現代語訳が仲間入りしました。
c0252717_19144247.jpg

平家物語。
現代語訳の中では、平易な言葉を使った物を
これまた古本屋さんで買いました。

最近とてもハマっている漫画が
平家物語の登場人物をモデルにしていると知って
元の物語を読んでみることにしました。

漫画は、元とは全く違う物語になっているそうですが
元を知らなければ、何がどのように違うのか、分かりません。


小学生の時からずっと理系で
高校生の時、古文の時間と古典文学は苦手としていたのに
今は、自ら古典文学を集めて読もうとするとは。

何をするようになるか、分からないものですね(笑)
[PR]
by bo-sun | 2013-11-05 19:09 | その他趣味
<< ブラックボックス? 手拭い、続いています。 >>