「ほっ」と。キャンペーン

気軽に申し込んで、冷や汗たっぷり。

偶然、以前から興味を持っていた手芸用品と手法を扱ったイベントに
参加することになりました。

仙台の街情報を紹介するサイトでイベントを知って申し込んだので
主催者の"伊達手藝隊"を、どちらかの手芸有志グループさんかな?
と思っていましたが・・・ん?
詳細をお知らせするサイトをさっき初めて見て焦っています。

手芸用品のメーカー、クロバーさんの仙台営業所が全面的にバックアップして開催される
ニットカフェや手芸のワークショップを開く方向けのイベントだったんですね。
今日届いた案内のメールでは
"名刺交換やカメラでの撮影をして
参加者間での、活発な情報交換をどうぞ"
とのこと。

わ~!どうしよう!

編物は好きだけれど
かぎ針編み講師認定コースを合格したばかりで
今、先生から協会へ申請をしていただいているところなんです。

しかも、ニットカフェやワークショップを開くためというよりは
家庭内オートクチュールのためにコースを受けたんです。
製図を教わる過程で、たまたま講師認定コースの内容に製図が入っていたもので。

これから、もっと詳しく製図やはぎ合わせの方法を教わって
今までよりも、もっと体に沿う物を作れるようになりたいと思っていたところなのです。

学生時代に、たまたま下の学年向けの講義を1か月担当したことがあって
人に事柄をお伝えすることって、すごく難しいのを体験しているだけに
ニットカフェやワークショップを開くのに対しては、尻込みしてしまいます。

本当に少人数で、顔見知りと一緒に、こじんまりと・・・
・・・・・・それも、こわい~!
編物好きな高校同期が一緒なら、まだ大丈夫だと思うけれど
今私が居る環境で開くには、ハードルが高すぎます。
なので、他に参加なさる方のエネルギーを考えてオロオロ。

名刺交換と言われても、こういう者が他の方にお渡ししても・・・と思うので
以前に少しだけ作った物を、こっそり持って行く位にしようかなと考えています。
小心者です。


そんな我が身を振り返ると
今、私が習っている先生って、すごいなぁ・・・。
1度に6人位を相手に出来るのだもの。
先生のすごさを改めて感じました。
[PR]
by bo-sun | 2013-09-03 14:51 | 編物・縫い物
<< またやって来ました。 完璧な人なんて居ないよね。 >>