メガネでビックリ。

先日、ケータイの画面を見ようとしたら
どうもかすみます。
しかも、見えやすい所と、そうではない所と
差がありました。

ん~?
と思っていたら、テレビで緑内障の事を知って
かなりドキドキ。
40歳代から始まる場合があるのですね。

彼と私、どちらもかなりな近眼で
メガネのお世話になっている上に
眼精疲労になることが多いので
眼のトラブルは怖いね~。
機会があったら、調べてもらいたいよね~。
そんな話をしていました。

子供の受診のついでに
私の眼の状態を調べてもらいました。

裸眼で、0.1と0.3。
メガネをかけて、1.2と1.5。

数年前までは、裸眼で0.04だったのですが
良くなっていたことに、まずビックリ。

そして、ドライアイで受診した5月と
同じ度数のメガネをかけているのに
0.6から跳ね上がっていることに
看護師さんもビックリ。
新しく作ったメガネの度数を調べて
今までと変わらないことを確認されました。

眼科を受診した時にかけたのは、近くを見るとき用のメガネで
他に2種類、違う度数のメガネを持っているのですが
そのメガネの必要が無くなってきたのかも...。
でも、結構動体視力を使ってカンで答えたし...。
そんな考えがぐるぐる。

"これからは、近くを見るときは裸眼で過ごした方が良いですよ。
はじめは近寄ってしまうかも知れませんが
メガネをかけた状態だと見えすぎて
逆に目疲れの原因になると思います。"
看護師さんからアドバイスをもらいました。

裸眼で近くを見るようにしていったら
もしかしたら、将来裸眼で過ごせる...かも...知れませんね。
微妙な言い方ですが、ちょっと嬉しい言葉をかけられました。
なので
極細のレース針を顔に近づけるのって、勇気が要りますよ...。
とは言わず、オトナシクしていました。

診察では、緑内障の疑いはなく
かすみのムラは、ドライアイによるものだそうです。
視力が良くなっているのは、メガネを作り替えたことと
ドライアイ用の目薬をつけて、状態が良くなったことが
重なったからでしょう、と言われました。

おそるべし、ドライアイ。
もう人体の機能として、ドライアイが治ることはなく
目薬をつけ続けることになりますが
それでも、見えやすくなるって、嬉しいです。

ドライアイ用の目薬の効果もすごいけれど
定期的にメガネのレンズの状態を確認して
作り替える効果もすごいんですね。

目では分からないけれど
メガネのレンズのコーティングが
時間と共に取れていったり
れんずの表面に傷がついて
見えづらくなっていったりするんですね。

眼もメガネも、大切にしよう~。
[PR]
by bo-sun | 2013-08-19 12:04 | 健康
<< お買得なエコ アンダリア。 編物で、ジャポニズムを目指せるかな? >>