予防接種は2回が望ましく。

風疹が流行しているみたいですね。
私の周りで、風疹に罹った人の話を聞いていませんが
昨日のニュースでは、大人になると重症化しやすいとか。

子供の頃、おたふくかぜで重症化した身としては
避けたいところ。

11年前、妊娠初期の血液検査ではなんと
風疹、はしか、水ぼうそうの抗体がなくて
珍しがられました。
確かに、どれもかかっていません。
わざわざ、水ぼうそうにかかった友達の家に行って
うつりに行ったのに、かからなかったのです。

水ぼうそうは、子供が生後9か月の時にかかったので
濃厚接触者の私は、おそらく抗体が出来ているでしょう。

はしかは、子供が予防接種を受ける時に
任意で受けたので、抗体があると思います。

風疹だけ、抗体を作る機会がありませんでした。

今住んでいるところは、急に人口が増えている開発地域。
子供の通っている小学校は、児童数が約1,300人で
先日の運動会は、保護者を合わせると4,000人。
立派な人ごみです。

小学校に行く度に、人ごみにあうのなら
風疹にかかる可能性が少ないとは言えません。
そこで、予防接種を受けることにしました。

かかりつけ医のところにワクチンがあったので
電話したその日に受けられました。
お医者さんによると
風疹の抗体がなく、長い間風疹が身近になかった人は
子供のインフルエンザと同じく
4週間期間をあけて2回、予防接種をする方が
抗体ができやすいそうです。
あくまでも任意ですが、という話でしたけれど。

確かこのお医者さん、子供のインフルエンザワクチン接種の時
1回目で、抗体の素地を作って
2回目で、抗体をしっかりと作る
というような感じの説明をしていました。

念のため、2回受けておこうかなぁ・・・。
[PR]
by bo-sun | 2013-05-27 21:10 | 健康
<< 本体が編み上がりました。 コセキのおじさん。 >>