シミ抜き頼む?ほどく?

山梨に居た時、義妹が結婚しました。
お式の日取りが決まってから、着物で居ることに慣れようと
生協の宅配の譲って下さい欄で声をかけました。

着付けの練習をしたいので
着物が余っている方、譲ってください。
受け取りに伺います。

甲府の80歳代の方や、塩山の70歳代の方が
ウールから紗の着物、浴衣、名古屋帯
コートや小物も含めて色々譲ってくださいました。

受け取った日から毎日のように、浴衣や日舞用と思われるお着物や帯を締めて過ごし
お陰で結婚式の日は楽に過ごせました。

生地の硬いウールやポリエステルで着慣れれば
絹の留袖は、本当に着心地が良くて楽なものでした。

それからも、折角いただいたので
ウールや浴衣といった普段着は時々着ています。

その中で、1枚、着たいけれど残念な物がありまして。
ポリエステルのかわいらしい色無地なのですが
たとう紙に紐を付ける接着剤のお陰で、裏地の色が表に出て
シミになってしまっているのです。

今日、お天気が良かったので洗ってアイロンをかけて
干してみましたが、シミは取れず。

色無地は使い勝手のいい着物なので
クリーニング屋さんでシミ抜きをしてもらって着るか
長年かけて出来たシミなので、あきらめてほどいて帯揚げなどにするか。

迷っています。

これが絹なら、迷わず悉皆に相談するのですが。
ポリエステルというところが、微妙です。

きれいに乾いたところで、クリーニング屋さんに持って行って
お値段の相談をしてみます。
[PR]
by bo-sun | 2013-05-14 22:33 | その他家事
<< 処分と入手。 母の日は、精米器。 >>