何をしたいのさ?

整体と編物
どちらも、20年以上自己流でやっていたものを
お免状という目に見える形にする作業を
ここ数年やっているような。

新しくチャレンジしているのではなく
続けてきたことに対する
今段階でのまとめをしているような感じ。

じゃぁ、これから自分は何をしたいのさ?

と尋ねられると
整体や編物を究めていく道と
他に興味あるものに挑戦する道があって

でも、年々、自分が世間知らずで、世の中には知らないことが沢山あることを知って
とても全てを知ることは出来なくて
たったひとつを究めることでも、一生では足りないだろうな、と
先人達のことを考えると思ったり。

ただ、ふと今日の夕方に
仙人や修行僧のように世間から離れた生活をするのではなく
家族以外の世間ともつながった生活をしたい
と思ったのでした。

世間とつながるって、当たり前に思われるかもしれません。
でも、30歳から4年間半寝たきりをして
今も、時に外に出られない身には
"現在の"、"暮らしている環境において"世間とつながれることは
当たり前ではなく、喜ばしい出来事なのです。

ただ、距離感を中々うまくとれないので、苦心するのですが。
思春期の体験が影響しているのでしょう。
自分と他者の境界線や
他者の中でも、家族、親しい人、知人、知らない人それぞれに対する
快適な距離が全く消えてしまった時があるのです。
家族なのに、自分にとって安心出来る人か分からなくなる感覚は
怖いものでした。

社会の中での居場所とは、違うもの。
ネット上ではなく、現実社会において、誰かと接触する機会があれば嬉しいのです。
誰が居ても、自分の感じていること、考えていることは、自分だけのものですから。
誰が居ても一個人であることを、確認したいのかもしれません。
[PR]
by bo-sun | 2013-04-07 22:43 | 雑記
<< あぁ、残念。 脈絡ない選択。 >>