「ほっ」と。キャンペーン

20年の願い、叶いました。

c0252717_19352365.jpg

NHKによる、"公開復興サポート 明日へ in 東北大学"。
この一大イベントの中の、すてきにハンドメイドの講座を受けてきました。

20年前、NHKのおしゃれ工房で
初めて広瀬光治さんを拝見して以来
ずっとお会いしたかったニット作家さんです。

"「男性なのに女性のような恰好をして、変だな」と思われても、僕は全く気にしません。
「変だな」と思ったところから、「どうやって作ったんだろう?」と
編物に興味を持ってもらえるのなら、僕は嬉しいです。
だから、敢えてこういう服を編んで着るんです。"

こんなに想いの強い方がいらっしゃる!
強い印象を受けて以来、いつかお会い出来たら・・・と思っていました。


抽選が当たって、案内の葉書が来たときは、もう大変。
必要事項をメモ帳に書き込んだら、すぐに重要物入れに直行。
昨晩はもうドキドキで、中々眠れませんでした。

今日は、早めにお昼を学食でいただいて、会場1時間前から待って
一番前の中央付近、広瀬さんの着ているニットを見られて
もしも広瀬さんが編むような時に、その手や手首の動きのよく見える席に座りました。
あの速さ、私も身につけたいと思っているので。


講座では、男性的な体つきをよりきれいに見せるラインでありながら
上品さ抜群のニットを着ていらっしゃいました。
細いから、多分2号かぎ針か、0号レース針だとおもうけれど
もっとよく編み地を見たかった~!


数年前に作った、私の編物との出会いから好きになるまでの変遷をまとめた絵本を
見ていただきました。
c0252717_19395467.jpg

とても喜んでいただき
"私も小学校に入る少し前に、毛糸に出会ったんですよ。"
とおっしゃいました。

今日は、広瀬さんが編む様子を拝見できませんでしたが
直接お話出来て大満足。


質問時間、"何を質問してもいいですよ"とのことだったので
"広瀬さんの編物本の内容が、最近急に変わったのは
何かお考えがあってのことですか?"
と質問させていただきました。

広瀬さんが以前出された本は、デザインがどれもとても素敵で
難しくて今は編めないけれど、いつかは編んでみたいと思うような物ばかりなのです。

最近出版された指編みやアクセサリーは、他の方でも提案出来るけれど
着る物の、デザインの素晴らしさや
頑張ればいつか手が届くかもしれない、写真集にはさせないと思うような難易度での提案は
広瀬さんならでは、と思っていました。
また新しいものを見たいと期待をして、質問させていただきました。

今年の秋頃に、デザイン性を活かしたニットの本を出す予定だそうです。
出版日が決まったら、予約しよう~。


c0252717_1941401.jpg

講座の最後、サインをいただけるとのことだったので
絵本の表紙を開いたところに
広瀬さんとアナウンサーの中村さんのサインをいただきました。

サインを書いている時、今度編もうかと思っている
広瀬さんの本で紹介された物について伺ったら
"難しい糸だから、その点を気を付けて"とアドバイスをいただきました。

不躾な色々に対しても全て答えて下さり
本当に、ありがとうございました。

とても元気と勇気をいただいたように思います。
お会い出来て、良かったです。


次、難しいと思うけれど、製図を習いながら
広瀬さんの提案したプルオーバーを編もう、と強く思いました。

今日、出掛ける前に2種類の毛糸が届いて
講座を待つ間にゲージ取りが出来るかもしれないと思って
2種類共1玉ずつ持って出掛けたけれど
ゲージ取りをするのは1つに絞られました。

製図を教えて下さる方は
"着たいと思うのならば、2着編んだらどう?"
とおっしゃったので、順番の問題だったのですが
広瀬さんにお会いしたことで、順番が決まりました。


今夜は早く寝て、疲れを早く取って
今、縁編みをしているものを、出来るだけ早く仕上げたいです。


ただ、昨晩の寝不足が飛び去る位、今日とっても興奮した分
明日の疲れに出たりして(苦笑)
ほら、綾小路きみまろさんの漫談にありますよね。
"きみまろショー 1日行って 3日寝込む"って(笑)
[PR]
by bo-sun | 2013-02-11 20:31 | 編物・縫い物
<< ヘンチクリン。 家庭内オートクチュールの快感。 >>