意外な言葉の理由は?

c0252717_1525292.jpg

クリニックで。
思わぬ言葉をもらいました。

次回以降、減薬を考えましょうか。

1年程続いた処方。
このまま長い期間、年単位で同じ処方が続くのかな、と思っていたところだったのです。
嬉しいなぁ。

帰り道のカフェでは、以前撮った写真を、お店の方にお渡ししました。
オーナーさんが、写真好きだとか。
いつもフィルム式一眼レフで撮っていたので、下手なりにでも撮らせてもらったお礼です。

私自身、1年前は主治医から
"大人しくしていなさい"
と言われていたのから、何が変わったのかな?
今は一番寒い時期で、体調を崩しがちの人が多いのに。

仙台の暮らしに慣れてきたのかな?
(出来ることが少ないのは、分かりました)

彼に、知り合ってから初めて、ハッキリ意見を言えたことかな?

編物で、生活に張りが出たからかな?


確かに、編物の力は大きいなぁ。

山梨の明野生活で、最後の整体を受けた時、整体師兼カウンセラーだった講師に
"仙台では、整体と編物が出来たらいいなぁ。"
と言ったけれど。

あれから約1年半経って、その通りになりそうな感じがします。

整体師のお仕事は、まだお休みをしているけれど
編物で出来たご縁は、今の私にはとても嬉しいものです。

明野に居た時、自力では理解できなかった製図。
編物をし始めてから約30年。
教わることが出来そうです。

教えて下さる方は
"これから少し大変よ"
とおっしゃったけれど
自力では出来ないし、どうしよう…と2年程思っていたことが
目の前に広がっているのです。

わくわくします。
そんなこと言って、数ヶ月後には、泣き言をいっていたりして(笑)

私が小学校4年生の時、私の母は放送大学の講義をとって、一生懸命勉強をしていました。
その時の母の目がつり上がっていたような。
今、子供は小学校4年生。私はそれなりに編んでいます。
目をつり上げて編むと、それなりのギスギスしたものが出来上がりますし、間違えます(笑)

子供に意識が集中し過ぎない面でも、編物に助けられています。


子供が大きくなったら、何に興味を持つのかなぁ…。
[PR]
by bo-sun | 2013-01-24 15:25 | 健康
<< プリンター様さま。 どんな切り口かな? >>