語る?書く人。

最近、表現が面白いと言われるようになりました。

理系ですが、書くことが好き…というか、言語化することで内面を表現する人のようです。

小学校で、クラス全員叱られている時、怖くて言葉は出ないけれど、下書きに言いたいことを書いていたり。
小学校高学年になると、大学ノート1ページ分、日記を毎日書いていたり。
大学では、講義の間でも、想ったことを雑記ノートに書いていたり。

その割には、ずっと"日本語が下手"と言われ続けました。
二十歳頃は、姉から
"兄弟なのに、あなたは一々言葉を選んで話していて、イライラする"
とも言われました。

でも不思議と、12年通ったピアノの先生は、高校生当時の私を
"語る人だと思う"
と言いました。
"人の話を聞いて、それはね…と語る人になると思う"
と。

当時完全な理系の私は
"そんなことある訳ない"
"数学は、起承転結のある物語だ"
と思っていたのですが。

30歳を過ぎてから、その先生から
"あなたは、教科書に書いてあるような言葉を使っていて、あなたの心を書いていない。
だから、旦那さんにもあなたの気持ちが伝わらないのよ。
あなたの心に一番近い言葉を使う人を探しなさい"
図書館に行って、探しました。
この人だと思った方の言葉を書き写しました。

そこから変わってきたようです。
元々、話すよりも書くことで気持ちを整理していたことに、"私の言葉"が加わって、何かを伝えるようになってきたらしいです。
私自身に、変わったという自覚はないのですが。

ただ、相変わらず、"書くこと"は、私には必要なことです。
だから、ブログ等に投稿しますが、手書きの雑記ノートは持ち歩いています。
[PR]
by bo-sun | 2012-12-24 17:51 | 雑記
<< 初めての手法。 親子で大騒ぎ。 >>